2013.6.16 杉並区下高井戸2丁目 玉川上水公園
イメージ 1
このところ冬物と夏物の入れ替えをやっていまして、仕舞う前にどうせ洗濯するので汗で汚してもいいやと
比較的気温の低い日を狙って冬物を使ってます。
ツイルで芯を貼って総裏で作ると、夏の野外で着て行動するのはキツイです。
そういえばバブル以前は夏になるとサラリーマンはみんな上着を着ずに半袖のワイシャツだったりしました。
まぁ扇風機しかない満員電車や事務所が普通でクーラーは贅沢でしたからね。
今は公立小学校ですら建て替えられるときにはクーラー完備です。
贅沢ですなぁ・・・・・・・

コスプレ服で表はそこそこ出来が良いのに、「裏地なし」だと手抜きの安物に思えてがっかりしますが、
下着の枚数で温度調節出来ると考えればそれはそれで使い易いです。
でも制服系の冬服で裏地が無いとペラペラした薄い感じがするので悲しいものがあります。

さて、この日は東京東部のどこかへでも行って撮ろうかと家を出たのですが、
途中、玉川上水公園の紫陽花が良い具合に咲いてまして、
これは今しか撮れないと思い、途中停車して撮りました。
しかし撮っているうちにどんどん汗が出てくる。ここは窪地で湿気が溜まる上、風が通らない。
とても不快なのでそこそこで切り上げました、が、鏡を見ると汗で化粧が崩れたに加えて、
付けまつ毛も片方取れかけています。
いつものダイソー付けまつ毛のオマケ接着剤でなくて別売りの黒い接着剤を使ったのが失敗しました。
やっぱりこいつは汗に弱い。おまけの品に負けるとは・・・・
とてもそんなツラでは写真にならないので、予定中止で帰宅です。
さりとてこれで入浴して洗濯するのは時間的にも中途半端で勿体無いので顔を塗りなおして再出発です。
でも心が折れてしまったので撮影は抜きで単なる外出という事に。
なので今回の写真はこれだけです。

この白ウイッグとの組み合わせもなかなか良さげなので涼しくなったら撮り直す事にしましょうか。
ええかっこするのに日本の夏は全く駄目だ、とにかく蒸し暑いのは勘弁です。