2017.7.8 銀座
イメージ 1
こう暑くては着れる服が限られてくる。襟回りを外して夏バージョンで。
イメージ 2
とある気象予報士の説では
7.5にとっくに
梅雨明けしていると言う。

毎日のように
33℃を超えた晴れでは
あまり外に出る気にもならぬ。





























イメージ 3
この銀座シックスの前は
出入り口から
冷気が吹いてくるので
多少は楽だ。

それでも暑い。
やる気が失せる。

ここら辺の撮影から
元気が切れてきた。



























イメージ 4今年の夏からは
屋内の仕事になり
夏の紫外線と暑さから
逃げられた点は助かった。

およそ20年振りに
満員電車で
通勤という事なのだが、
お陰で間近で
色々な人間を見る事が出来る

身に着けている物や
持ち物等は割と良いもので、
本人も
悪臭がする訳では無いのだが
なんとなく
煤けて貧乏くさく不潔な感じのする奴をソコソコ見かける。

これは知性、品性、教養に
問題が有るのだろう。

着替えや入浴で
修正出来る事ではない。

地金が悪ければ
メッキの乗りも悪いものだ。

そういうのとは
関わらないのが一番だ。

ゲスや不幸、暗愚がうつる。





イメージ 5この日はというか
ここのところは暑くて疲れる

辛うじて気を取り直して
上半身の撮影。

これを撮り終えたら
汗で付け睫毛が
取れてしまったので終了。

この服は帰ってから
バケツに洗剤入れて
手洗いして柔軟剤入れて
陰干し。

夏の良い所は
洗濯してもこの素材なら
1晩で乾く事だ。