ノン・ダックレイの写真と動画

コスプレ系女装外出の自撮り写真と動画が主体のブログです。 そういうものが、苦手、嫌いな方はご覧にならないでさい。 不快感を催しても当方は何も手当を致しません。ご了承ください。

2014年07月

実に暑い。夏の輝かしい世界を空調の効いた涼しい自動車や列車内から眺めるのは楽しいのですが、
じかに外に出る気になりませんし、やっぱり30℃越えると外出は余程の用事で無いと出たくありません。
ことによると、このロットが今年前半の〆になるかもしれません。

2014.7.13 桜田門
イメージ 1
今作っている夏物が完成し30℃以下なら早速撮りに出たいのですが、
そういう日に限って雨の心配があったりするので困ったものです。
イメージ 2
現在進行中のもの以外に
秋~春用に
後2着製作するつもりなので
やっぱり夏は
暑くて出る気がしない分、
服作りに邁進ですかね。

端処理はジグザグ縫いで
やるのですが
速度を上げると上糸が
すぐに切れる。
ゆっくりやると
遅くてやってられない。

釜を掃除して
注油しても変わらず。
タイミングがずれるにしては
それほど使ってる訳で無し。

湿度のせいで糸の滑りが
悪いのかもしれません。

高湿度のせいで指先の肌が
乾いて割れたりしないので
その点は助かるのですが。











イメージ 3ここで撮る分には
おかしな奴が
関わってくる心配は皆無です

真向かいには
もう一つの「桜田門」が
控えていますから。


この門は改修工事が
終わったばかりで
やたらと綺麗なので
時代付けが落ちて
逆に本物らしくないです。

風格が出るには
後50年は経たないと
ダメですかね。



















二重橋前
イメージ 4
ここで記念写真を撮るのは昔からの伝統です。
この地区は業としての撮影は要許可ですが、道楽でやってる分には関係無いです。
以前、都庁に赴いてどういう場合に公園等で業としての撮影と看做されるか聞きにいったことが有ります。
レフ板使用の有無が大きな分かれ目だそうです。

遊びと言ってもこういう撮影は4人5人と連れ立って騒ぎながらやってると
それはそれで目立ちすぎて業としての撮影隊と看做されかねないので、
せいぜい3人程度で地味に淡々とレフ板無しですぐに移動しながらサッサと撮るのが良さげです。

それでも頭の悪い警備員が因縁をつけて来ることがあるのが困り物です。
あの連中の制服の中身は信じられないほど程度が酷い。
民間の癖に陸士よりも程度が低い上に陰湿。
制服の力を借りて適当なことを言ってる場合が多いので信用できません。
断言するのはそれを知らずに若い頃一時、やってましたから警備員を。
ほんとにダメだあいつら・・・・

イメージ 5
これが今回の「奇跡の一枚」です。
良い感じの風が吹き、髪と裾が良い形になびいてくれました。
シャツター係りがいて連写しているならともかく、セルフタイマー撮りなので運否天賦です。
このように地面が白い敷石なのでレフ効果も加味されています。イメージ 6
だだっ広い場所なので行事が無ければ人がまばらです。
そもそも隣の、丸の内と霞ヶ関が土休日は無人街も同然なので、そのせいもあるのでしょう。

折角なので少し移動して銀座へ行ってみます。
銀座4丁目交差点
イメージ 7
銀座に来るといつもならもっと意欲が湧くのですが、
何か二重橋前で撮り切った感があり蛇足ぽっい感じがして顔に疲れが出ています。
三脚による自己撮影なので他者の通行の安全を考慮すると
どうしても、いつもと同じような位置、角度、背景になりがちです。

撮り始めた頃は何でも新しい挑戦だったのですが数をこなすと「またいつもの」と言う感じがしてきます。
でも撮らないと先に続かない。
より良いものを作るのは常に模索してないとダメなようです。

まぁでもこの角度は定番として良いのでは無いかと思ってます。
イメージ 8
ここで昔の米軍憲兵の格好してジープで乗り付けた写真をモノクロで撮ったら
森村泰昌の再現コスプレ写真ですね。
あの人の写真、モノクロフィルムで撮ってた頃は全部準備してその場で実際に撮っているという
本気勝負の凄みがありましたが、
デジタルに切り替わってからはデジタル写真自体が切り抜き、変形、書き足し、合成、自由自在なので、
「どうせ合成でしょ」という風に見えるので凄みが無く魅力半減です。
あれだけ成功して資金も人手も無いわけではなかろうに。

結局今日は暑さで日ごろの疲れもあり一日中ボーっとしてこれを書くしか出来ませんでした、実に勿体無い。
どうせ明日も35℃の酷暑で外に出ないから服作りの方を進めるとしよう。

端処理のような閃きと腕前の要らない単純作業は
ミシンで布を送るだけで頭は音楽やラジオを聴いていればいいのですが、
機材の都合で作業効率が落ちるのは物凄く腹立たしい。
機械のせいで自分の責任では無いので。

端処理専用にロックミシン買うかなぁ・・・・



今日みたいな涼しくて曇っている日は撮影日和なのですが、
こう小雨が降ったり止んだりではどうにもなりません。
明日辺りから梅雨明けの兆しがありそうですが、明ければ明けたで暑い訳で困ったもんです。
せめて湿度が低くなることが願いです。
疲れていることもありまして出ない代わりに、書いたり作ったりすることにします。

7.5.にC.C.の黒服で撮った次の日は、たまにはと言うわけで秋葉原で撮って来ました。
2014.7.6 秋葉原
イメージ 1
「イクシオンサーガDT」のマリアンデールです。
知らぬ人にとっては南ドイツの女性民族衣装「ディアンドル」の何かでしょう。
これでビールジョッキを運んだらオクトーバーフェストです。
イメージ 2
露出に余裕があり
撮り易いと思っていたら
感度が1600になっていました

なのでいつも
200で撮ってるよりは荒いです

しかし荒い分
肌や顔の粗がザラツキの中に埋まってくれるので
ありがたいです。

でも途中で気づいて
200に戻しましたが。






















イメージ 3あまり調子の良くない時に
折角だからと
連チャンで出掛けると
ダメですね、顔に出ます。
前日と比べて
悪い方向に別人です。































イメージ 4風がそこそこ吹いてくれるので
助かります。
冬だと寒くてたまりませんが。

あまり強すぎると
髪が滅茶苦茶になるので
駄目ですが
コレくらいなら美味く決まれば
それを生かす事も出来ます。




























この写真からは感度200に直してます。
イメージ 5
このマリアンデールというキャラはシーメールという設定なのでコレで正解です。
胸を工事すれば完璧なのですが今回は代わりに丸めたタオルを詰めて有ります。
イメージ 8
 ここの路地くらいですかね、昔の秋葉原の雰囲気が駅近くで残っているのは。
後ろのラーメン店が綺麗に改装したら、それまでです。
この先の右にあった「千代田海藻」という海藻乾物店も無くなってしまいました。
イメージ 6
この日は前々からコケにする目的アリアリの無礼な無断撮影を繰返していた屑を、
自転車で突っ込んで〆てやりました。
猿と鼠を足して2で割ったような安い口ひげを生やした貧弱チビメガネの気持ち悪い、
一見、小学生に見えるアラフォーのキモオヤジでした。
人のことは不躾に撮るくせに自分はレンズを向けられると逃げ出す卑怯者なので、
そういうゴミクズは許しません。
撮られる覚悟の無いものは、人を撮る資格は有りません。まして黙って撮るなら尚更です。

話によると未だに親の脛を齧っている芸術家気取りのニートだとか。

次にまたやりやがったら、今度は確実に仕留めてやるかな。

まぁその屑ニートオヤジが私の写真を晒したら、
こちらはそいつがいい気になって昔ここのホコ天で下手糞なヴァイオリンをパフォってる写真を
秋葉原の情景の一環で撮ってあるので、報復で晒してやるまでですがね。

こういう格好で街に出てると、そうやって舐めてくる輩がたまに居ますが、
中身は食えねぇ40過ぎの軍隊上がりのオッサンで有ります。

敵兵に遭遇したらどう対処するか?
「捕獲するか刺、射殺する」
そういうことです。

武山での戦闘訓練で300メートルの泥塗れ匍匐と突撃の後、最後の仕上げに
藁人形に銃剣突き刺して切り替え軸「レ」の64式でとどめに5cmの距離で撃ち込む訳で。

ちなみにM3A1グリースガン撃ちやすいです。15mくらいの距離で人的に全弾当てられます。
引き金引きっぱなしでも照星が穴照門の中に留まっています。
まぁ映画や漫画の見た目カッコいいのと違って、反動を抑えるための独特の構えをしての話ですが。
M3A1は引き金引くと遊底が物凄く重いので重心移動で銃口が下がります。
なので反動と相殺される上に300発/分と遅いので制御しやすいです。
しかも.45ACPなので対人威力抜群です。

それはともかく「自分はやるが、やられるのは嫌」という奴は大嫌いです。

そういう屑に遭遇するからといって辞めるなどアホくさい話しで、
せめて週1くらいは天気と気温が何とかなれば撮りにでたいものです。
なのでその翌週7.13に撮った分です。

2014.7.13 二重橋前
イメージ 7
調子がいいとこの通り、全く顔付きが違います。
この分の他はいつもの如くまた後日に。

ボチボチ夏物2着の製作に入りますが、時間を作ってレタッチし載せるつもりでは居ます。
今回デザインした2着は同時進行でやってしまおうという計画です。
裏地、肩パット、肩章無しなので何とかなるでしょう、と言うか何とかしなければ・・・・


7/5に撮った分です
コードギアスのC.C.の黒の騎士団服を自己流に着ています。スカートは自作です。
イメージ 1
午後には雨が上がる予報を信じて入浴し食事して化粧して着替えて、
さて出ようとしても昼を回っているにもかかわらず小雨が降っていました。
この黒合皮の服を着ようとせっかくこの、涼しく曇った日を目当てにしていたので引っ込むのは癪です。
雨は、ぱらつく程度だったので遠出は止めて近所の高速下で撮る事にしました。
イメージ 2
たまには背景が
完璧な住宅街というのも
面白いかと。

まぁこういう事は
何故かマニアの人は嫌います
コスプレマニアの濃い人は
何とか原理主義と同じ
宗教じみた考えなので
付き合いきれません。

街コスは禁止とか
アレンジ禁止とか
作品愛が無ければ禁止とか。

何かのきっかけで
変な宗教に抱き込まれると
ポアだ聖戦だとか熱くなって
カラシニコフとセムテックスで
とんでもないことを
やらかしそうで危険です。

実際コスプレ系イベントに
新興宗教の勧誘員が
潜伏して活動していますし。
ヤッパリ「素質」を
見抜いているのでしょうかね。

私は以前
新宿で撮っているときに
暴力折伏で有名な、
教祖が通るとき土下座する
○○会にオルグされましたが
とりあえず水ぶっ掛けて、
殴るつもりで追い払いました。

イメージ 3こんなことを書いて考えを
ハッキリさせて干渉不要と
宣言しておいて
線を引いておかないと
いけないのです。
ほんと、
面倒くさい人が多いですから
この趣味は。

好きにやりたい人は
逆にイベントとか仲間とか
やめた方が無難です。

最初はいいのですが、
少し馴染んでくると
ほんと、面倒くさいです。

ああせいこうせい指図するわ、
遅刻だ、立替の踏み倒しだ、
借りパクだ、晒しだ、嘘の噂だ
裏切りだ・・・・・・

やってらんないっス。














イメージ 4好きに楽しんでりゃ
いいんですこういうものは
法の内側で。

それはともかく
この服は気に入ってます。
キャラコスプレ専用に
して置くのが勿体無いほど
気に入ってます。

なので自分用に着ます。


























イメージ 5こういう服に限らず
ゴスロリだのV系だのは
キッチリ化粧して
出来るだけ体を絞らないと
決まりませんね。

服のデザインに
本人が負けるので
濃すぎくらいに化粧して
丁度良い感じです。

それに写真に撮るときは
舞台化粧よりは薄い程度の
濃い目にやらないと
綺麗に撮れないです。

照明やレタッチで
顔を明るくすることが多いのでアイラインやリップを
際立たせておかないと
コントラストがつかず
薄い写りになります。

レタッチでアイラインを
濃くするよりも
最初から濃く引いとくほうが
自然で綺麗に仕上がります。









世田谷区 南烏山
イメージ 6雨が止んだので高速下を出て
場所を変えます。

時間があったので
どうしようかと思いましたが
またイツ降り出すか
分からんので近所にしました。

なんか遠出して
体を使わないと太りそうで、
と言う思いで出かけてましたが

なんか
最近疲れてるので
出発前の食事を減らして
近所でもいいかと。

出発前に
しっかり食べておかないと
出先で空腹になったら
高価な飯を
食わねばならんからです。

かといってスーパーで
食パン1斤は多すぎるし、
余しても他では食べないし。

以前は
握り飯を持参してましたが
出掛けに作る時間が惜しいし前日に作ったとて
外出中止になるともてあます。勿体無いので食べる、太る・・・




イメージ 7近所でも良さげな場所で
あるものをうまく使えば
何とかなるものです。

あとは自分の感性次第。
































イメージ 8これが今回の
クリティカルヒット、
奇跡の一枚です。
レタッチは
最低限で済みました。

こういうのが撮れると
「まだいける」と
励みになり安心になります。




























イメージ 9最後は反対側の背景で
撮ってみました。

電線地中化で随分街並みが
すっきりしました。

逆に下町だと
電柱があった方が
味になりますが。

しかし、
木の電柱をすっかり
見なくなりました。

木製風のレトロ電柱とか
良いと思うのですが。





















これは、たまには良かろうと翌日久しぶりに秋葉原に行った分です
2014.7.6 秋葉原
イメージ 10
こちらの他の分は、また後日乗せます。


エナメルの袖無しワンピは完成したものの、
30度切って湿度も50%切らないと、ヤッパリこの季節着るのは無理そうです。
そんな日がこの夏あるといいのですが。

そこで完全に夏向きデザインでまた作ろうかと。
この前完成した白とピンクの1着では変化が足りない。
イメージ 1
いっちょスーツを作ってみるか
イメージ 2
型紙も出来たし。
しかしこっちのワンピを先に作ろうかと。
イメージ 3
こういう首周りが大きく開いたデザインは夏しか着れないしイメージ 4
型紙にすると意外と単純で安く上がりそう。
ただ、金属の飾りボタン10個で\1000以上行きそうなのが痛いが仕方ない。

いくつも作っていると面倒くさい点が変わってきて、
手縫い工程よりも生地へ型紙を写すのが一番面倒でうんざりする。
たたみ一畳以上の大きさの作業台が欲しいです。
それがあればスッと作業に入れてサッと終わるものを。
まぁ、あってもまた物を色々置いてしまいそうですが・・・

裁縫していると体を動かさないので冬よりは夏のほうが肩が凝ったりせず、
乾燥で手が荒れないので作業はしやすいですが、
凝ってゴテゴテした服を作っても暑さですぐに着れないのが残念です。

作業は長丁場なのでラジオや音楽を聴きつつなのですが、
シベリウスのヴァイオリン協奏曲で定番の名盤を手に入れたところ、
イメージ 5
シベリウスも良かったのですが、併録されているチャイコフスキーがこれまた素晴らしい。
で、チャイコフスキーのほうになびいてしまいました。
イメージ 6
第6番「悲壮」よりも交響曲第5番が今のところ好みなので引っ張り出してみました。
クリップス・ウィーンフィル、実に良い。芸が細かくメリハリ十分音色も美しい。
でももう少しあからさまに豪華に鳴り響くのも欲しいと1971年録音のカラヤン・ベルリンフィルを入手。
時にはメロディア以下の録音のEMIですが、このディスクはリマスタリングが見事で申し分ない。
しかし腕達者がリマスタリングしないとDECCAやDG並みにならないというのも情けない。

堪能するならこのカラヤンで十分なのですが、私としては第5を一番最初に買ったRCAのLP、
オーマンディ・フィラデルフィア管弦楽団のがどうしてもまた聴きたい。
調べると晩年にCBSに入れたものはあるもののRCAのはオーマンディ・チャイコフスキー全集の中にしかない。
イメージ 7
12枚組みでも\3000しなかったので買ってしまいました。
やっぱりこの盤の5番良いです。カラヤンよりもあっさりしているものの伸びやかで抜けが良い演奏です。
カラヤンが金色の音色ならこっちは銀色の音色といった感じです。
他にもピアノ協奏曲の2と3があったり組曲でないほうの3大バレエがあったりお買い得。
以外といっては何ですがのヴァイオリン協奏曲のアイザック・スターンの演奏が
甘くとろけるようで、しかし芯とコクのある演奏で見事です。
これはお買い得です。
ただ6番の強音部で音が割れるのが残念。
逆にDECCAやDGの録音がが見事すぎるのでしょう。

先週の土曜は奇跡的に涼しかったので黒を着る事が出来ました。
2014.7.5 世田谷区 北烏山
イメージ 8
午後に止む予報だったのですが、スキッと上がらないので遠出はやめて近所の高速下です。

他にも撮っていますが、レタッチの手が回らないので後日に載せる事にします。


ミシンを高級なものに変えて、慣れる為に私にとっては一番縫いにくい2wayストレッチエナメルで作っていた服が
やっと完成しました。
イメージ 1
ミシンのせいか湿度のせいかテフロン押さえでも全く滑らず、
ウイッグ用のシリコンスプレーを皿に取って指で塗りながら滑りを加えた所、
問題無く縫えたどころか布送りが正確なので綺麗に仕上がりました。
これならこの生地でもう少し手の込んだ物も作れそうです。

エマイユというこれよりも薄く縫いやすくそして安い生地もありますが、
2wayの方が厚く弾力があり、仕上がりに張りが出て高級感が有ります。
ただ、なぜか全ての色でラメ入りなのでイメージによってはエマイユで行きます。
まぁその時の考え次第です。

今回作は裏地を吸湿速乾タイプにして背中を布で切り替えているので着心地はあまり悪くなさそうですが
こう湿気が酷いとキツイものが有ります。
そのうち涼しい日もあるでしょうから、それはその時です。

色々組み合わせが出来るようにミニスカートワンピースとロングジャケットの両方に使える長さにして
多少ゆるく作ってあります。
それというのも以前に似た形で作った黒エナメルの物が
スリット深すぎのタイトすぎで使いづらかった点の改良です。
タイト過ぎるとスカートを履いてもスカートベルトのラインが浮き出てしまって形になりません。
なのでこの黒服は↓
イメージ 2
梅雨が明ける頃に洗濯してヤフーオークションで売ってしまおうかと考えています。
中古オリジナルコスプレ衣装として。

いろいろと小物をヤフオクで売却処分していますが、つくづく「千両みかん」だと感じます。
嗜好性の高い商品は特にそうです。
要らぬ人には1円でも要らぬが欲しい人は1万円でも欲しい。
のんびりと構えて売れるまで待つしかないですね。
「商いは牛の涎の如く」と申しますし。

さて完成した訳でようやっと撮影に出る事が出来ます。
2014.6.30 原宿
イメージ 3
日が差すと、とても暑いので日陰を選りながらの撮影です。

こういう撮影をしていると驕り高ぶった物を知らない警備員が邪魔をしてくる事があります。
当然逆にやりこめて追い払います。

彼らの敷地の外において、ましてや公道上に彼らの施設管理権が及ぶ訳がありません。
また、警備業法第15条には警備員に権限は何も無く、
他人の権利及び自由を侵害し、又は個人若しくは団体の正当な活動に干渉してはならない、とあります。
彼らの敷地外で行われている合法な行為について制止する権限は無く、
したとすれば強要や威力業務妨害になります。

あの手の制服を着ていると人が誤解して言うことをハイハイ聞いてくれるので勘違いしている輩が多いです。
そう断言するのは私、若い頃に警備業界の実体も知らずに働いていたことがあるからです。
オリエンタルで棒振りとアラコムでロイヤルパークホテルの常駐を。
棒振りより常駐のほうがマシでしたがハッキリ言って人生の掃き溜めでしたね。
ウシジマくんに金を借りていそうな奴等ばかりでした。
なのでどういう程度の者が制服を着て突っ立っているのか良く分かっているので、
少しでもおかしいことを言ってきたらどんどん突っ込んでやらないと、何されるか分かったものではありません。

またこのように、路上で撮るのも通行の妨げにならず、占有しない限りに於いて
道路交通法第76条と77条で認められています。
多人数で色々機材使って「そこ入るな!」とか言って占拠して撮ったり
見物人等で人だかりするようなら違法になるのでそれは許可が必要です。

何でもかんでも違法なら旅行先で記念写真も撮れませんて。

それでも意地の悪い警官がいたりもするので、そこは本庁に直接その場で電話して解決します。
法の内側にいる限りは何をするのも自己責任の上で自由です。

こういう目立つことは常識人と思い込んでいる人と軋轢を生むことがあるので、
それを跳ね返せないとやるのは難しいです。

まぁ、もともと私が喧嘩好きというのもありますが・・・・

それはともかく続きの写真です。
イメージ 4
予定よりも裾丈が長くなってしまいましたが、これはこれで良い感じです。
イメージ 5
良く型紙縮図を調べてみると
裾丈の始点を
ウェストラインから
始めてたのが勘違いして
ヒップラインから始めてました
結果、20cm程長くなった訳で
理由が分かって一安心です。

そうでないと
自分のやり方に
致命的欠陥がある事に
なるからです。
























イメージ 6長い方大きい方に間違えても
着られるし、
切ったり詰めたりすれば
良いので何とかなるのですが

短い方小さい方に間違えると
修正が大変です。

継ぎ足したり
広げたりしたところを
「こういうデザインである」
という感じに仕上げて
誤魔化さないとなりません。

それが新しいデザインの
きっかけになったりもしますが





















イメージ 7原宿というところは少し入ると
良い場所が見つかります。

もう少し通いこんで見ると
色々な場所が
見つかりそうです。

こういう写真は
秋葉原のほうが
やり易いと思われがちですが
原宿のほうが撮りやすいです

秋葉原は上辺はともかく
内心はとても排他的です。

お互い他に行き場が無いので
上辺だけは仲良くして
共存している感じです。

腹を割ったら
直ぐに喧嘩になりますよ
秋葉原は。















イメージ 8ズームの望遠端の50㎜
フルサイズの75㎜相当です。

たまには
こういう感じで撮るのも
新鮮です。































イメージ 9
原宿だと
駅の雰囲気が良いので
撮りたくなります。

こういう場所の駅は
倉庫か公衆便所のような
粋も洒落も無い
無粋なコンクリの固まりか
安ピカな駅ビルの事が
多いのですが、
これは有り難い事です。


























イメージ 10
しかし、この場でこういう感じに撮る、撮れるのは平日に来られる時に限ります。
土休日は人多すぎで撮れません。

何事も時間が空いたらドンドン活用しないとダメですね。

またその時間で今度は夏物上着を作ろうと頭の中でデザイン描いてるし・・・・・


↑このページのトップヘ