ノン・ダックレイの写真と動画

コスプレ系女装外出の自撮り写真と動画が主体のブログです。 そういうものが、苦手、嫌いな方はご覧にならないでさい。 不快感を催しても当方は何も手当を致しません。ご了承ください。

2014年12月

本日12.30はコミケに行って参りました。
本当は混雑する最終日でなく、屋上で撮れる2日目の積りでしたが、天気が悪く、今日となりました。
2014.12.30 東京ビッグサイト
イメージ 1
最高気温も10℃超え風も無く暖かい。良い感じです。

他にも撮っていますが、レタッチがとても追いつかないので一枚だけ。
イメージ 2
残りは後日、載せます。

以下、スナップは色温度と明るさを調整し彩度を少し上げただけのほぼ撮って出しです。

終わりまで居ると帰りが混むのでソコソコで切り上げて帰ります。
イメージ 3

この時期の国際展示場駅は「萌え」仕様です。
イメージ 4
事情を知らん人には訳が判らぬ状況です。
イメージ 5
垂れ幕まで有ります。プレミア払っても欲しい人が居るかもしれません。
イメージ 6
恐らく明日になればガラリと変わるのでしょう。

真っ直ぐ帰ったわけでなく、アメ横の中田商店で東独軍の略帽を買いに行きまして、
久しぶりだったので道を1本間違えてしまい、年末大混雑のアメ横を移動する羽目に成りました。
ただ移動するのも癪なので写真を撮っていきます。
久しぶりの街頭スナップです。
イメージ 7
なぜ酢蛸は赤いのだろうか。梅酢で漬けていた名残だろうか。
イメージ 8
こういうのを「芋を洗うような」と言うのでしょう。
イメージ 9
子供は気楽です。
イメージ 10
こういうのを単純に塩茹して齧り付く贅沢。食い放題でないと私は出来ないです。金額が頭にちらつく。
イメージ 11
最近の蟹の高騰にはロシアの密漁取締り強化があるそうで。
イメージ 12
書き入れ時です。
イメージ 13
こんなに有ってもドンドン売れて明日にはすっからかんなのだから凄いです。
イメージ 14
試しにフラッシュで撮って見ました。妙な迫力があります。
しかし、スナップというものは定常光が原則です。それで撮れてこそのものです。
イメージ 15
中田商店の前まで来ました。
何とか狙いのものが手に入ったので帰ります。
イメージ 16
この年の瀬に居酒屋は、ほぼ満席です。
全て終わって後はのんびりするだけなのでしょう。

以前、この手の写真を撮るときは距離計カメラに白黒詰めて撮ってたもんです。
デジカラーでサーッと流すように撮ってみましたが、カラーでも悪くない。

でもまぁついでです、ついで。
今のところは自分自身をいい感じに撮る方に遣り甲斐を感じます。

とりあえずこれで今年の分は終わりです、また来年と言うことで。
と言っても数日後ですが。

本年は有難う御座いました。
皆様良いお年を。

来年も宜しく御願い致します。

















赤のショートジャケット用に作ってしまったエナメル赤のシスターベール、
他のものと合わせて見ます。
2014.12.21 銀座
イメージ 1
たまには和光ビルを背景に。
この合わせ方は悪くない。髪が赤だとヘアバンドしてるように見えるのも面白いです。
イメージ 2
この服は自作を始めてから
5番目くらいに作ったものです

初期に作った中では
割と気に入っています。

さて、着ようと思って
カバーを外すと
「なんか少し地味だな」

今、私の服作りは
せっかく作るなら、と
パイピングやレース等を
盛って、細部をもう少し
シャープに仕上げるのが
標準ですから。

まぁ、
こういうシンプルなのも
良いものです。
今は逆に
簡単すぎて作ろうとしないので














イメージ 3
逆光撮影は腕の見せ所です。
こういう状況で撮っていると誰もレンズを向けません。小技を効かせないと撮れません。
カメラは偉そぅでも自動任せで撮ってる様な人には不可能です。
そういう人に限って何故か、撮った写真を人に見せません。
イメージ 4
このミキモトの
クリスマスツリーはとりあえず
今年で最後です。

年明けには
このビル自体が
取り壊しに成ります。

秋葉原程では無いにしろ
銀座も変わって行きます。


























イメージ 5この季節、服によっては
顔以外の肌を
露出しないで済むので
女装向きです。
汗をかかないので
化粧も崩れないし。

ただ、
最高気温が10℃を切ると
出かける前に
少々気合が要ります。

高温多湿の
夏場にやるのに比べれば
楽なものですが。






















イメージ 6こういうベールを被ると
こういう写真を
撮りたくなります。


































イメージ 7
少しポーズに動きを出しました。
5インチピンヒールの片足立ちは大変です、すぐによろけます。

それにしても前作よりも多少簡略化したとは言え、大して手間が変わらない。
イメージ 8
何とかここまで出来ました。
袖はとりあえず形を見るためにアームホールに突っ込んであるだけで、まだ縫い付けていません。
この段階だと消防の防火服みたいですが、
完成すると違ったものになるでしょうというか、なって欲しい。

白・黒・銀という建物・道路・金属といったクールなでシャープなアーバンカラーの積りなんですが・・・
難しいもんです。



やっぱり銀座でも撮らないと。
2014.12.7 銀座
イメージ 1
ベール被るだけで雰囲気が変わるものです。
3割り増しで綺麗に見えるような。
この手のシスタースタイルに嵌ってしまって抜け出せそうにありません。
まぁいっか。
イメージ 2飾り部品が銀色なので
ブーツも銀にしてみました。

次はストレートに
白にしてみるかな。
































イメージ 3やっぱり
白を撮るのは難しいです。
どうしてもハイライトが飛ぶ。


































イメージ 4これは上手く
エナメルの質感も出ました。

こういうテカリのある素材は
白よりも黒のような
濃色の方が簡単に撮れます。































イメージ 5
私個人としては着るなら白のほうが好みです。
清らかさと妖しさが同居している魅力が良いのです。
イメージ 6それでも赤や黒の
ガチな色もそれはそれで
良いものです。

着るかどうかは
その時の気分次第です。































イメージ 7銀座・新宿・秋葉原と
東京には3つ大きな
歩行者天国がありますが、
綺麗で洒落ていて絵になり、
風通しが良いのは銀座ですね

木村屋の餡麵麭や
栄太郎の缶入り黒飴とかを
買えるのも嬉しいです。

栄太郎の黒飴は
成城石井や
クイーンズシェフで
袋入りのが買えますが、
やっぱり缶入りか、
あの独特の袋に入った
三角の飴で粉が
まぶしてないと。



















イメージ 8今回は少し失敗しました。

両脇の飾りリボンの下端が
裾に引っ掛かっている。

両脇とも同じ状態なので
まだ見れるのが救いです。

それもあり、
再撮影の意欲が湧きます。



























イメージ 9この和光の角、
上半身が良い感じに
撮れるので好きです。



































先日、秋葉原の銀杏並木を狙って行った分です。
2014.11.30 秋葉原
イメージ 1
並木が全て鮮やかに黄葉してる頃と思って行ったのですが、
当てが外れてマダラです。イマイチ気が乗りません。
なので撮り方でどうにかします。
イメージ 2
これ以上どうしようもないので、とりあえず他に撮って行きます。
イメージ 3
電波会館。昔の秋葉原を感じる場所は少なくなりました。
イメージ 4いつの間にか
こんな柱が並んでいました。



































イメージ 5駅名を隠すと
何処だかわからない程です。



































イメージ 6テキヤの手下が
歩行者天国を〆ていたり、
怪しげなバッタ屋が
露店を開いていたりと、
コンプライアンス全開の
今では見られなくなりました。































イメージ 721世紀になっても
敗戦後の闇市文化が
良くもまぁ残っていたものです

流石に時の流れには
逆らえませんね。































イメージ 8すぐに日が暮れて
夜景になります



































イメージ 9
やっぱり震災以前よりは街が暗い感じです。
体感として半分くらいでしょうか。
イメージ 10
ここくらいですね戦前からの雰囲気が残っているのは。
交通博物館も無くなったし。

ここのところ労働強度が上がって銭になるものの、疲れて肝心の服作りが進まない。
本当に賃労働は虚しい。
目先の銭にはなるもののそれ以外その先が無い。いわゆる「疎外された労働」
食えるだけでも有難いのは解かってるのですが・・・・
イメージ 11
お陰で遅々として服作りが進まぬ。
とにかく時間を有効活用して進めるしかなさそうです。

そういうときにはこういう景気良く鳴る曲は良いものです。
イメージ 12
卑しい所はカケラもなく真面目で堂々した曲なので気持ちいいです。演奏も極上。
惚れたハレタ世の中チクショーな曲は現世の泥沼の中でもがいてる状態な訳で、うんざりする。
そういうのを断ち切ったこういう曲は突き抜けてしまってるので清々しいものです。

しかし今年のクリスマスどうしようか。

バッハのクリスマスオラトリオでも手に入れて聴きながら、
少し高価な食パンと赤ワインで過そうか・・・・




次に作る予定だったマント。
イメージ 1
型紙を作り、裁断計画図まで作って製作開始直前だったのですが。
欲しく無くなったので中止です。お蔵入りです。
イメージ 2
私にとって今年の冬は暖かく、少し下に厚く着れば懐炉どころか、この手の衣料の必要を感じません。
防寒対策は厚着をする他に代謝を上げる方法が有ります。

今年、夏が暑く、水シャワーで入浴していたのが、冬場にガス代が跳ね上がるのが嫌で、
ケチが昂じていまだに水シャワーで入浴しています。
そのせいで去年よりも薄着でコート要らずです。
調べると美容と健康、アンチエイジングに気を使ってる人がよくやっている事だと。
あの60代なのに30代後半に見える医者もやっているとか。
心臓に遠い体の端から徐々に水を掛けていけばどうにかなるもんですが、
真夏からの流れでやってるので何とかなってます。

粗食、自転車、冷水浴
やりようによっては健康は安く手に入ります。

そういう訳でマントが要らなくなったものの、この色合いで何か作りたいので、
前作のデザインを基に簡略化しつつシャープな感じに翻案して27作目を作る事にします。
イメージ 3
フリルとレースを外し、色合いを黒・白・銀といったクールな色合いに変え、裾を角ばらせて鋭さを出します。
ボタンでなくオープンファスナーで襟は突き合せで。
一度作って形に出来たデザインで、それよりも簡略化してるのでやれば出来るというか、楽です。

これを作る為に生地を仕入れに行った所、オカダヤで会員2割引セール、
エナメル生地は3割引き、をやっていまして、それならもう2着作る事にしようかと。
イメージ 4
これを27作目の後、同時進行でやる積りです。ノースリーブなのでそんなに大変ではなさそうだし。
この前真冬並みに寒い日、前作の白シスターワンピースの下に
ロボアニメヒロイン風の合皮ピンクのワンピースを着込んでいったところ、丁度良く実に具合が良い。
なので、厚手のインナーとして使え、暖かくなれば単体でも使えるものとして欲しくなり、作ることとなりました。
そのうち一着は金色を使って作ってみます。襟はフラットカラーですが、
セーラー襟と同様の方法で作れるので何とかなりそうです。
この3作は型紙や素材が共通の部分が多いので効率的に製作できそうです。

何だかんだでオカダヤで累積10万円使ってしまって次からは5分引きから1割引にランクアップです。
10万と言うと大金ですが、ソコソコ程度の良いライカとか買うのに比べれば安いものですというか、
カメラにつぎ込んでた頃の金銭感覚の方がどうかしていたのですが。
どちらにせよ三道楽煩悩に比べれば余程有意義な銭の使い方だとは思います。

土曜は女装して新宿オカダヤと日暮里の生地店まで出かけるついでに写真も撮ろうかと考えましたが、
そろえる物品の多さで、女装せず仕入れに専念することにしました。
日暮里の生地店、少し移転して広くなって路面店にランクアップしてました。
儲かってるのでしょうか、この手の趣味には良い兆しです。

今日、日曜は投票を済ました後、撮影に出掛けようかと考えましたが連日、体を酷使してるのでだるい。
なんか喉の上が痛い。やめて引き篭もって服作りをすることにしよう。
篭ってたせいで体力回復し喉の痛みも無くなりました、良かった良かった。

負傷者の分まで仕事させられて、そりゃ疲れてます。
しかし賃金も増えるので、セールでもあるしクレカで買ったろかい!と言うわけで銭を製作に突っ込んだ次第です。


その日暮里まで行く途中秋葉原を通った時の写真です。
2014.12.13 秋葉原
イメージ 5
もう選挙も終わったし問題ありませんね、東京ではドクター中松と双璧を成す人です。
受かる落ちる以前に、この人にとってこういう事をするのが一種の健康法なのかもしれません。
内容はともかく、歳に似合わず覇気のある力強い話っぷりでした。
選挙区が違うので関係ありませんが・・・・

2014.12.13 四谷駅前
夕焼けの色
イメージ 6
常々、この色合いを服作りに生かせないかと考えていますが難しい。
なかなかデザインと配色が調和しない。
諦めずに考えていれば突然ひらめく事に期待したい。

これだけでは艶消しなので、この前久しぶりに秋葉原に行った帰りに
夜景が良い感じだったのでチョッと撮って見ました。
2014.11.30 四谷駅前
イメージ 7
この場所は昼と夜とで随分風景が変わる。夜景の方がここは綺麗に思います。
イメージ 8
四谷は迎賓館といい、駅前といい、悪くない感じです。
ただ、迎賓館は要人来日の際には前で撮れないのが残念です。



↑このページのトップヘ