ノン・ダックレイの写真と動画

コスプレ系女装外出の自撮り写真と動画が主体のブログです。 そういうものが、苦手、嫌いな方はご覧にならないでさい。 不快感を催しても当方は何も手当を致しません。ご了承ください。

2015年11月

いつもからしてコスプレでは無いのかと、思われましょうが、
自分でデザインして作ったものを着てるので、厳密にはコスプレとは違うのです。

なりきる目的としてのキャラクターが存在せず、存在してるのは自分自身な訳ですので。

それでもこれは他人のデザインながら、気に入ってます。
2015.11.7 歌舞伎座前
イメージ 1
ギャルゲーの制服ですが、この服に限っては、ヤフオクで奇跡的に「当たり」の業者から買ったので、
生地はやや安っぽいものの、とても作りがよい。
今回引っ張り出すに当たってアイロンがけしつつ感じました。
イメージ 2
同等の出来で
自作出来ない事は無いものの
とても手が掛かるので
面倒この上ない。

こういうコスプレ服は
外見だけ
辛うじて似ているものから、
ちゃんと
手を掛けた造りの物まで
ピンきりです。

しかもヤフオクの通販なので
「当たり」もいいとこです。
\5000しなかったし。

「外れ」を引くと
端処理も裏地も無しの
接着剤と
マジックテープで固めて
サイズ違いで着られぬ
ボロ布が届いたりします。

TPPの著作権で
二次創作に関しては
余程酷く無ければ
取り締まら無い
方針のようですが、
コスプレも
二次創作の内に
入れてくれるのか微妙です。




銀座
イメージ 3「デザイン」となると
色々利権が絡んできます。

オリンピックエンブレム問題
然り。

あれが例外ではなく、
「業界」なんてあんなものです

素人が
良く分からん事をいい事に、
身内の内輪褒で
互いに持ち上げて、
テキトーな手抜物を
でっち上げ、
ご大層な物の振りして
世間に売りつける。

内容など、どうでも良いのです
必要なのは、
名声と権威だけ。
これじゃ
マジメに創作しようという者は
海外に出で行きますわな。

杭打ち偽装にしろ、
一流というのは
権威を振りかざし
人の無知無力に付け込む
技術の一流かも知れぬ。

いかにもな看板掲げて
凄そうに見えるものは
「詐欺師の門構え」と認識して
飲まれないようにしないと
ケツの毛まで毟られます。

皇居外苑
イメージ 4日比谷、丸の内、皇居周辺は
絵になる写真が撮り易い。
雑踏感が欲しければ
銀座や日本橋へ回れば良い。

歩きだと広いし、
自動車だと駐車場所が無い。
公園の中にも入れる
自転車が最強です。

こうやって
イベント会場で無く撮るのは
割り切りと開き直り、
そして個人で厄介事を
片付ける覚悟が要ります。

刑法、刑事訴訟法、軽犯罪法
道路交通法、民法、著作権法
警備業法等の
必要と思われるところを
勉強して想定問答を
しておく事が必要です。















イメージ 5その手の物は
知ってるだけでは
まるで役に立ちません。

銃や刀を見せ付けても、
相手が手練れなら
見せ付けて相手が怯える事を
期待しているトーシロか
本当に人を撃てる斬れる奴か
簡単にばれてしまいます。

粗探しの揚げ足取りで
絡んで来る警備員はともかく
警官は一応プロなので、
簡単に
あしらわれてしまいます。

「面倒くせぇやつ関わらんとこ」
と思わせるくらい出来ないと。

実際のところ
任意で出来る限界を
わきまえている警官より
俺様ルールの
馬鹿警備員の方が
タチ悪いですがね。

所詮は
3行広告で集められた奴等。
うっかりやったことあるから
良く分かる。

人生は
趣味を巡っての闘争ですよ。


三菱美術館前
イメージ 6わきまえているので、
通行の妨げにならぬ範囲で
公道上での撮影です。

敷地内に1歩でも入ると、
施設管理権により
追い出されても
こっちが悪いですが、
敷地外から撮る分には、
著作法第46条で自由です。
ここを解かってない
馬鹿警備が
「建物に肖像権がある」と
抜かしやがる。

相手が私でなく
スジ者だったら、
間違い無く
シノギにしてますな。


















イメージ 7知るところを知って、
それなりに、やり合えれば
割と好きにやれます。

卑屈になると
腐ったヤカラ共が
付け込んで来ます。

世の中綺麗事だけでは
通りませんわ。

場合によっては
人を殴れる野蛮さも必要。

暴力は必要な時に
必要最小限使えば
最大の効果を現す。

あれほど
ラチが開かなかった事が
一瞬で片付く。

使いすぎたり
状況を読み違えると
より状況が悪化するので
才覚と自己責任で。

こっちを一方的に
食い物にしようとする
ケダモノに
話し合いが通じるかよ・・・






また作ってます。
イメージ 8
本当に自分の好みの物が手持ちに無く飢えてた時とは違い、余裕があると言うか売るほど有るので、
暇潰しのネタとしての製作状況です。
そうは言っても今月中には完成させたいものの、無理そうです。
適当に時間を見つけてやって行きます。

以前に完成した物を着てみました。
2015.11.3 丸の内
イメージ 1
完成した直後は裾のプリーツとか失敗した感じがし、
配色も考えてみれば白の商用車で良く見かけるものだったりという思いで、
イマイチな気がしていましたが、実際に着て見ると悪く無い。
イメージ 2
背中はこんな感じです。
レッドソールならぬレッドバックです。
イメージ 311月に入ったというのに
しつこく暖かく、
こういう合皮素材の服では
暑い。
裏地を夏用の
サラッとした物にしてあるので何とかなりますが。

ソコソコ風が吹いていたので
その分涼しいのは
良いのですが
髪が乱れるので
弱まるところを待っての
撮影です。























イメージ 4ここの歩行者天国は
街の雰囲気なのか
あまり知られてないのか
観光バスで乗り付けるような
観光客を殆ど見かけません。
まぁ
免税を看板に書いた店や
薬屋とか無い為かも
知れません。

それにしても丸の内が
こんなに絵になる場所とは
思わなかったです。

実を言うと私自身
今までここの高級な感じに
多少気後れがあり
ピンと来なかった
せいもあります


















「何事も分をわきまえイメージ 7
こうせねばならぬ」という、
実家と千葉市で
植えつけられた
卑屈で差別的な田舎根性が
ようやく抜けてきたせいでも
あります。
チョッと洒落て
万年筆でノート取ったくらいで
首根っこ掴みやがるような
バカ教師のいる学校だったし。

ダメな奴、変な奴から
逃れても
奴らに擦りこまれた
精神の悪臭が抜けるには
少なくとも同じ時間が掛かる。

20歳ソコソコまで奴等に
小突き回されていたので
今になってやっと抜けて来た
感じがする次第です。

親も周りも腐ってると感じたら
兵隊とか防衛大学とか
きついけれども
衣食住と就職の
保障されたところへ
逃げるのも手です。
あの手のクズ共は
へタレなので「軍隊」の中まで
追いかけてくる度胸は
有りません。

もし手紙とかが来たら
読まずに即焼却炉

イメージ 5就職や進学の為に
親が毒でも援助が要るので
抜け出せ無いというのも
有るとしても、人間としての
誇りの問題です。

そんな奴らに甘い汁を
吸わせてもらってまで
安楽な生活を求めるのか、
腐れヤカラと決別して
貧しくとも
健康な心で暮らすのか。
利用してるつもりでも
頭の変な奴と共に暮らすと
間違いなく感染します。
そうでないと共生は不可能、
ましてや力関係で上である。
いつの間にか同類のクズに。

親の歳になれば
親の心が分かると言うが
良く分かりました。

縁を切ったので
何も援助を得らなかった分、
逆にあんな奴等の介護を
しなくて済むと言うのは
実に有り難い。

親とか教師とか絶対的弱者の
子供の上に立つ者は
力に溺れて簡単に
腐敗堕落するので
本当は一番適性が
問われるんですがね。
特に親は。

皇居外苑・馬場先門
イメージ 6暑いとはいえ
夏よりは寒いので
便所が近くなる。

丸の内の建物内商店街には
ありそうなものだが、
ウロウロ歩き回って探すよりは
知ってる所へ
急行した方が良い。
皇居外苑前広場にあるのを
知ってるので急行。
自転車なので
大したことは無い。

済ませた後で
良い感じの背景があったので記念風に一枚。

一番高級で大事な場所であるここら辺のほうが、
秋葉原より撮りやすいのは
皮肉なものです。
秋葉原は
「行きたくてたまらなくて行く」
という者だけでなく
「行き場が無く他の街は怖い」
という者も吹き溜まって来る。

そのくせ「あいつらと違う」と、
まるで『闇金ウシジマくん』の
宇津井の様に大物気取り。

おめーも同類だよ。



銀座
イメージ 8近いので
銀座でチョロっと撮ります。

新作が出来ると
敢えて銀座で撮るのは
「銀座を歩けないようなものを作ってもしょうが無い」
という意思表明であります。

もし、こんな感じの服を
まかり間違って
イタリアやフランスの
トップデザイナーが作ったら
ファッションリーダーとか
読者モデルとかいうのが
有難がってカッコ付けて
自慢して着るんでしょうがね。

他人がデザインした服の
無料宣伝員になるのは
癪なもんです。
















イメージ 9ここのところの週末は
雨だらけで全く
撮影外出できない。

その分引き篭もって
休養と服つくりに
当てられるので良いものも、
そろそろ出たい。
でもまだ
最高気温15℃切らない。
私好みの素材は
それくらいでないと温か過ぎる

まぁ適当に見繕って
やる事にしよう。

















先日完成した35作目を着てみます。
2015.10.31 銀座
イメージ 1
この格好で店が閉まる前に築地に寄った訳です。
この日はハロウィンだったので周りはその一環と思ってくれていました。
私には、そんなの関係無いのですが。
イメージ 2自分流の
ファティマスーツ風のものが
欲しかったので
作った次第です。

そういう訳で
今回はそれっぽくしてみました

最初は気楽な手遊びで
作るつもりだったので、
作業が楽で安上がりな
ポリエステルツイルで
作るつもりでしたが、
やっぱり
このデザインのものなら
ツヤテカが無いと物足りない。
なのでエナメルで作ることに。
微妙にラメの入った
生地にしたので
考えていたよりもより
それらしくなった感じです。
















イメージ 3女装でエナメル着て
ニーハイブーツ履いてみる。

こういう事は自分の好みに
素直になった者が勝ちです。

法に触れるわけでなし
趣味嗜好ナリかたちの
好き好きに過ぎぬ。

したいしたいと思ううち、
不慮の事故で
鬼籍に入る事もある。

腹黒いヤカラが
揚げ足取りの暴言を
吐いてくることがあるが、
ゴキブリのように
1人がそう思うと他30人も
その様に思っていると
考えてましたが、
そんな事は無い。

民度が低く育ちの悪い
クズだけがその様に
思っているだけです。
対極に絶賛したり
面白がってくれる人も
居るわけでと言うか
その方が多い。







イメージ 4こういう
フェティッシュな素材のものは
ボンデージかパンク或いは
夜間快楽活動用の
デザインばかりで
値段も足元を見ているのか
矢鱈と高価く、出来栄えも
ただ縫い合わせただけという
安い代物だらけ。
アニコス系も然り。
その上ドライクリーニングすら
出来ない生地だったりする。

工房と相談して
徹底してこだわって作れば
良いのでしょうが、
\10万では足りないでしょう。

自分で一からやれば、
手洗い可能な素材で、
要所要所に芯材や装飾を使い
着心地か見栄えかで
裏地も選べ、
材料代だけで済む。

慣れるとエナメルや合皮は
布よりも歪みが出にくい分
寸法通り部品を作れるので
組み立て時の調整が
少なく済み、設計通りに
仕上がり易いです。

何たって面倒な端処理を
しなくて済むのが大きいです。



イメージ 5上着を取るとこんな感じです。

松屋で便所を借りたものの、
暖房が暑い。
早速この機能が
生かされました。































イメージ 6ようやく体が冷めて来たので
上着に戻します。

10.31はハロウィンという事で
渋谷はともかく
銀座はどうだろうかと考えて
来てみたという面も有りますが
特にそれらしき気配は無い。
稀にそれらしい格好した
子供が親と一緒に
歩いてるだけ。
親は普通のワンピース。

渋谷が年を重ねるごとに
荒れたハロウィンになるのは
格差社会の進行で
ガス抜きの為かも知れない。




















イメージ 7この日は
20℃くらいあったので
このスタイルで
丁度良いですが、
服と同じ生地で作った
シスターベールが
控えています。

最高気温が15℃を
切るようになると
被っても蒸し暑く無いと言うか
丁度良い感じで暖かい。

どうせすぐ冬になるし。






















四谷駅前
イメージ 8帰り道に
夜景の映える場所なので
撮って行きます。

このパールラズべりーの
エナメル光沢が
実に良い感じです。

ネット通販で
モニター越しで見ただけで
現物を見ずに半ば博打で
買ったのですが
勝ったようです。
























イメージ 9
このデザインはこの色、この生地で作って大正解でした。
またヘビーローテーションの服が増えてしまった。
しかし
その陰でお蔵入りの服も増える。
作品性だと突っ張ってないで、捨て値処分でオクに出すかねぇ。

最高気温がようやく20℃程度になり、生鮮系の物を買っても、帰り着くまで何とか持つようになりました。
銀座で撮る前に築地場外市場に寄って行きます。
2015.10.31 築地場外市場
イメージ 1
現金決済なら場内の中卸で安く卸値で買う事も出来ますが、キロ単位、箱単位になります。
マグロオンリー刺身パーティーでもするのでなければ個人では持て余します。
イメージ 2

魚介系の店が大多数ですが、
八百屋も有ります。


































イメージ 3生のワサビ。

値段だけ見ると街の八百屋と変わらないですが、
築地品質でこの値段は安い。

以前アメ横で
マグロの刺身を買ってたら
スジだらけで閉口しました。

やはり築地の方が上です。


























ただ、築地は世間と時間が5、6時間ずれていて14時頃には殆どの店が閉まってしまい、
日曜祝日はせいぜいチェーンの寿司屋しか開いてません。
イメージ 4
その代わり平日と土曜は朝5時には開いているので、出勤前に買って会社の冷蔵庫に入れておくのも手です。
飲み明かして締めを場内の寿司屋という贅沢も出来ますというか、それくらいの早朝で無いとえらい行列です。
イメージ 5
後1年ほどで築地市場本体は豊洲へ行ってしまうので、
築地の場内を味わえるのも今のうちです。
そのせいで見学者が多いので、行くなら商いの邪魔をしない配慮が必要です。
イメージ 6
土曜日は一般世間と接点の出来る数少ない時間なので人が多いです。
当然、観光客も。
イメージ 7
廃棄してしまうのは惜しい。いいダシが取れそうです。
ここ築地では毎日物凄い数のマグロの頭が切り落とされるので、
どうでも良くなって捨ててしまうのかも知れませんが。
場内中卸で冷凍マグロを糸鋸のような物で切るのですが、その時大量のオガ屑というかマグロ屑が出ます。
そのまま解凍して飯に盛れってタレを掛ければ、ちょっとした丼になりそうですが、
今更どうでも良いようでドンドン捨ててしまいます。
そりゃ毎日じゃ飽きますわな。
イメージ 8
実に美味そうな、実際美味い物ばかり売ってるので空腹時に来ると買いすぎてしまう危険があります。
また、アテにして飲んでも美味い訳なので、酒も飲みたくなって来ます。
イメージ 9
昼過ぎる頃から生鮮系の店は盛りが良くなってくる。
世間的には真昼間でも築地的には閉店時間なのです。
イメージ 10
これが目当て、丸武の卵焼き、小巻で\330。
何件か卵焼屋はあるものの、私にはここのが一番良いし安い。
こういう味に慣れるとスーパーで同じような値段で売ってるものなど買う気にならん。
全然話にならん程、味が違う。

全体的に値段は普通に街の値段と大差ないが、品質は段違い。
相対的にとても安い。
市場本体は豊洲に行っても、場外はこのままなので取り敢えずは安心です。

どういう格好でうろついていたかは、この後銀座で撮影したので、次の更新で載せる事にします。



池袋はどんな感じかと思い、行ってみる事に。
2015.10.29 池袋 東京芸術劇場前
イメージ 1
池袋西口公園を使うつもりが古本市で塞がっており劇場側で。
随分前に立教通りを通った時「何と洒落た場所か」という思いがあり、それなら行ってみるかと行って見た所、
「この程度だっけか?」と期待外れ。
当時はもっと洒落た他の場所を知らなかったので、そう思えただけであった。
ぐるぐる回って見たものの絵になりそうな場所は、ここ位しかない。イメージ 2
この服は部品の付け替えで形を変えられます。
今回は長袖にしてケープ無しで。
これから先は寒くなるのでケープ付きで長袖で、シスターベールも着けられます。
イメージ 3
撮りようの発想が、どうにも思いつかないので記念写真風に撮って、ここはお終い。
ジュゼッペ・シノーポリがフィルハーモニア管弦楽団を率いての来日公演で
マーラー交響曲第6番をここで聴いた時、演奏中に帰りの電車賃が足りない事に気づき、
曲の内容がヒシヒシと身に迫って感じられたものでした。

前の席にいたカップル、デートでクラシックと洒落込んだものの、
こんな地獄へ逆落としみたいな曲とは思わなかったろうな。
ベト6とは違うのだよマラ6は。

サンシャイン60通り
イメージ 4
東口へ回って見たもののピンと来る場所が無い。
どうにもならんので東急ハンズの前で車止めに三脚を被せる様に立てて撮る。
サンシャイン60周辺も他を知らなきゃ良い場所であるが、
あの感じなら日比谷・丸の内近辺の方がもっと絵になる。
イマイチ撮る気が起こらない。
イメージ 5
池袋は買い物、映画、観劇、飲食等の娯楽は豊富だが、街並みを味わうという点では殆ど味が無い。
池袋は地方都市がそのまま大きく賑やかになっただけ。という感じです。
 
池袋東口駅前
イメージ 6
こういう街中の雑踏を生かした感じなら味が出せますが、今のところは、あまりやる気がしない。
そういうやり方が好みになったら池袋も良さそうです。

まぁ鬼子母神の方に行けばまた違うのでしょうがね。

↑このページのトップヘ