ノン・ダックレイの写真と動画

コスプレ系女装外出の自撮り写真と動画が主体のブログです。 そういうものが、苦手、嫌いな方はご覧にならないでさい。 不快感を催しても当方は何も手当を致しません。ご了承ください。

2016年02月

先に撮ったものから順繰りに出すべきなのだろうが、昨日撮ったのを先行して出す事にする。
2016.2.26 代官山
イメージ 1
後ろの赤茶色の建物は洋食屋だ。とても高価い。
コースで\1万以上する。
上手く儲かったら行ってみたいものだ。

この橋のそばに公園があったので行ってみた
西郷山公園
イメージ 2
広場の真ん中に1本だけ木があり、花が咲いていた。
河津桜である。
イメージ 3
この品種は今頃が満開なのである。
イメージ 4
何の気なしに寄ったのだが、思いがけない見つけ物であった。

この公園は商用撮影については矢鱈とうるさい様だ。
これは個人の道楽写真だ、そんなのは知った事では無い。
個人で、商売抜きでやるのが一番強い。
個人の趣味嗜好にケチを付けるのは自由な民主主義国家の国是に反する国賊だ。

代官山の中心部へ。
イメージ 5
これだけ晴れていていると、地面がレフ板の効果を生み、フラッシュの助けをして綺麗に撮れる。
天気が良いからと順光でばかりで撮っては芸が無い。
自動露出はこの手の撮り方では役に立たないので、当然手動だ。
イメージ 6
駅前はソコソコ広いので他に停め場が無いのか、
消えたと思ったら次から次へと商用車が一時駐車する。金曜のせいかもしれないが。
これを半ば試験的に撮った直後、後ろに配送車が来たので、結局一発撮り。
色気の無い実用車など成るべく背景に入れたくないのである。
イメージ 7
味わいのある路地。
こう言う感じが代官山の良さであり、洒落たところだ。

駅前、反対側より。
イメージ 8
これも次から次へとやってくる配送車に悩まされながら撮ったものだ。
逆にここは休日のほうが良いのかもしれない。

西郷山で枚数を稼いだので街中ではこれ位で。

銀座に比べればかなり近い場所なので、また来れば良い。

完成したので、とりあえず銀座で撮る前に法務省旧館前に寄ってみる。
2016.1.31 法務省旧館前
イメージ 1
この外套は今季、初めて出す。
冬前半が暖かかったのと、自身の代謝が上がって余り寒くないのだ。
水シャワーで毎日洗体してると逆に風邪もひかぬし、懐炉も要らない。

後ろ。
イメージ 2
交通安全的にはもう少し派手な方が良いのだが。
黒服の夜間に於ける視認性は頗る低い。

さて、銀座だ。
イメージ 3
大体考えた通りに出来た感じだ。
イメージ 4
ここから布切れを組み立てて服にする。
服作りは労働力の具現化だ。
イメージ 5銀座は良い。
こんなことしてても
変なチョッカイを
出してくる奴が居ない。

大人の街だ。































イメージ 6これが
今回のクリティカルショットだ。

数え年46でも
光線状態と
フォトショスキル次第で
何とかなる。

やりたいならやるべきだ。




























イメージ 7こういう服を通行人は
「高い銭出して誂えてんだろ
よぅやるわ」
と思っているだろう。

自作と思われないのが
逆に癪だ。

「よぅやるわ」の方向が
違うんである。



























イメージ 8文化やドレメの手引書通り
手抜きせず丁寧にやれば
吊るしなど足元に及ばない
仕上げで作れる。

特にこういうデザインは
手を抜いただけ
すぐに安っぽくなるので
ガチで作るに限る。

コスパ以上の出来であると
自負している。

























イメージ 9接着芯、テープ、袖山布、
肩パット、その他副資材と
裏地を、教科書通りに
きちんとやれば
良いだけなのだ。

それがまた大変な手間なのだ

チョッとの手間の積み重ねが
工程と作業時間の増大になり
疲れる。

アマチュアの特権は
コスト度外視で
手間を積み重ね
徹底した高品質を
追及出来る事だ。

数千円の材料費が
数万円相当の品質に化ける。

















イメージ 10それだけ徹底して
キッチリ作るとなると
物凄くしんどい。

FXで超短期売買、
所謂スキャルピングで
数pips稼ぐよりしんどい。

後、1着ほど
作りたいデザインが有るが、
もう着きれないほど
自分好みの服はあるし、
FXでちゃりんチャリンと
銭が儲かるのは面白いので
銭儲けに傾注しようか。






















イメージ 11
今のところ1銭=1pips動いて\1千の増減でやってるが、これ位だと現実味が出て張り合いが出る。
1日5pips22営業日で\11万。だから損した時は非常に痛い。
上手い負け方を模索中だ。

とうに完成し、とうに撮ってはいたのだが。
2015.12.26 築地場外市場
イメージ 1
本撮影の前に築地に寄ってみる。
ジャンパーはこういう雰囲気に合う。
イメージ 2
年末の買出し客でお買い得品は早々に売り切れ。
小巻の卵焼きが手に入れば丸干しとで一杯と考えていたが、それも叶わず。
イメージ 3
買い物目当てなら毎週どころか、思い切って早起きして買ってから出勤すれば毎日来れるので
無理する事は無い。買えるときに買えばいい。朝の6時には全部の店が開いてるのだから。

買い物は諦めて本撮影する。
丸の内
イメージ 4
外嵌めの
長手袋を合わせるために
袖先を絞る仕様で製作。


































イメージ 5それにしてもこの場所は
気取った感じで撮れる。



































しかし、ここで事故発生。
イメージ 6
在庫のあるときに買って長く置いておいたのが災いして劣化が酷く、壊れてしまった。
不思議な事にコキ使ってるほうが持つから不思議だ。
中国は経済大国と威張ってはいるが、
実態はこの程度の物作りで、安かろう悪かろう薄利多売の下請け大国だ。

このお陰でやる気が無くなり撤収。自転車なので助かった。とても歩けるものではない。

改めて、オプションパーツを変えて撮影。
2016.1.28 世田谷区・八幡山2丁目、清掃工場横
イメージ 7
3ピースのうち上着をパフスリーブで別に作ってみた。
イメージ 8それにしてもたった1ヶ月で
太ってしまうものだ。

ずっと2倍量の仕事が続き、
昼飯を食べる暇が無いので、
1対1の麦飯とはいえ
朝に3合と袋カレー
そして西友の
チーズチキンカツを
乗せて食うのが良くなかった

今は2合に抑え、
チキンカツを抜いて
徐々に
マシになってきてはいる。






















イメージ 9こういう壁前は
コスプレイヤーには
美味しい場所だが
写真としては
単調極まりなくなる。

賃金労働の強度が
上がればあがるほど
人生の質が落ちて行く。

銭にはなるものの、
労働以外の時間は
労働力の再生産のみに
費やされ、疲れてるので
食って寝る以上の事は
出来ない。

そろそろ人員不足が解消され
その苦痛も上手く行けば
今月で終わりそうだ。

その苦痛の対価たる
賃金の余剰分を溜め込んで
\50万強の余りが有る。

特に使い道も無いので
空き箱に万札を
放り込んでいたら
貯まってしまった。

家賃とかインフラ等の
絶対固定費を除けば
\3万あれば
1ヶ月暮らせるからだ。



イメージ 10この余剰金をどうするか。
中古車とか
旅行とかの散在は愚かしい。

運用して増やそう。

別にFXは辞めた訳ではない。
100通貨単位で練習がてら
チビヂビ続けてはいた。

\50万のフルレバレッジで
10万通貨で1銭の値動きで
\1千円の損得
5銭なら\5千。

1日でそれで良ければ
1日当たり1%の利回り。
1年間260営業日の
単利で130万強、
複利なら\5千万超える。

それに税金が掛かるので
減る訳だが
それでもエライ事になる。













イメージ 11理屈では凄いが
実際は精神力が問題だ。

鉄の規律を作り守るしかない。

スキャルピングトレードで
1日5銭=5pips勝ったら終了。

後もう少しとか、
何とか損を取り戻すとかの
助兵衛心を出すと
必ずブッコいて大損だ。

「そんな
上手い事行くわけが無い」と
投資経験の無い
大多数の人間は冷笑するが、
ソコソコ利益を出し始めると、
今度は守銭奴とか
陰口を叩き始める。
そういう馬鹿は
黙殺するに限る。

もし億万長者になったりしたら阿諛追従の揉み手して
前言翻してタカリに来るんだぜ
糞が。

とにかく1日5pipsの鉄則。








イメージ 12やっぱりソコソコ金額が無いと
張り合いが無く、飽きて
どうでも良くなり雑になる。

1銭動いて\10や\100と
\1千や1万じゃ
意味が違ってくる。

1日平均\5千取れば
1ヶ月22営業日で\11万。
税金払っても
年\100万弱のプラス。

徹底的に切り詰めれば
福祉の世話にならずとも
堂々と
働かずに暮らせる事となる。
これは実に大きい。

企業や組織から
生殺与奪の権を
取り戻せるのだ。

それでやっと
本当の「人間」になれると
言えよう。











イメージ 13
暫くは少額ポジションで日平均5pips稼ぐ練習。
それで出来ても取引額が大きくなっても同様に出来るか、そこが問題だ。
そこに才覚が、かかって来る。

人生は板子一枚下は地獄。

まぁ、どうやっても人は必ず死ぬのだから何とかなるだろう。




少し懐が暖かかったので、演奏会に行ってみた。
2015.12.31 横浜・みなとみらいホール
イメージ 1
なにか良さげな演目は無いかと、「音楽の友」の演奏会案内を図書館でめくっていると、
濃厚で、おあつらえ向きのが見つかった。
イメージ 2
モルゴーア・カルテット、ショスタコーヴィチ弦楽四重奏曲全曲演奏会
1番から15番までは流石にしんどいし、15番を聴きながら年越しになるのは濃すぎる。
初詣関連で鉄道が終夜運転とはいえ、本数も接続も悪く、帰るのが一苦労。
せめて東京芸術劇場か墨田でやるなら自転車で帰れるので聴いたのだが。
そんな訳で、私としても好きな6~10番、なんといっても8番の入ってる美味しい第2部のみを聴く事にした。

遅刻するよりは、待つほうが良いので、小一時間、時間がある。
少し行けば臨海公園なので行って撮らない手は無い。
バッパとやっつけ仕事でいいから撮ってこよう、折角来たのだし。

みなとみらい・臨海公園
イメージ 3
海風があるので髪を押さえてないと顔に掛かる。
イメージ 4


時間が無いので
気持ちの上でも
ポーズを練る時間が無い。
































イメージ 5





















今回は余裕が無いので似たようなポーズばかりになる。
イメージ 6
ここは10何年か前に
コスプレ撮影会で
来た覚えがある。

そこで撮った写真、
ライカM3と
ファーストズミクロンで
モノクロ詰めて手現手焼きで
朝カメに出して入選だった。

被写体は非常に強いのだから
撮り手の了見が全てだ。
























イメージ 7ここは良い場所だ、絵になる。
他人の為でなく、
自分を撮る為に
改めて来る事にしようか。

































イメージ 8携帯電話に仕掛けた
タイマーが鳴った。

切り上げて行く事にする。

会場の係員の
戸惑いが面白い。

こういう容姿の者は
曲が始まると同時に
立ち上がって光棒とか
タオル振り回して踊るような
そんなのには居るのだろうが、
演奏会。それもタコの弦四。

隣の大ホールでやってた
第9ならともかくなのだろう。
「よーしパパ、年末は
第9に連れてっちゃうぞ♪」
という物見遊山の
トーシロうようよ。

上階の小ホールには
そんな志の低いヤカラは
居なかった。

しかし、女性が
ソコソコ居たのは意外だった。

タコの弦四なんて神経質な
ガチヲタしか聴かないと
個人的に思っていたわけで。
女と言ってもキャバ嬢風でなく
図書館司書か学芸員
みたいな感じであったが。


6、7は暖機運転、8から本気出すという風で、8以降が熱も油も良く回った熱演であった。
日本のトップクラスのソリストの集まりとは言え、この録音は越えられなかったようだ。
イメージ 9
ボロディン弦楽四重奏団・ショスタコーヴィチ弦楽四重奏全集。
この録音にはライヴ録音も混じっている。
完璧を求むならこの録音を聴いてれば良いのだが、生音で聴けると言うのは物凄い魅力だ。

演奏会が終わり、帰る事にする。背景も良いので駅前で撮る。
関内駅前
イメージ 10
これで2015の撮り納め。今更ながら。


↑このページのトップヘ