ノン・ダックレイの写真と動画

コスプレ系女装外出の自撮り写真と動画が主体のブログです。 そういうものが、苦手、嫌いな方はご覧にならないでさい。 不快感を催しても当方は何も手当を致しません。ご了承ください。

2016年09月

遠出するのもしんどい感じで、何よりも新宿オカダヤで不足資材を仕入れるのが主な目的なので、
新宿で撮る。
2016.9.10 都庁前
イメージ 1
汐留も良いのだが、私にとってはこっちが近いのでお手軽に。
イメージ 2
SF的の都会風に撮るなら
もってこいだ。

いちいち撮影地を変えないで、
定点撮影的に、
ここでだけ撮ると言うのも
有りかも知れない。





























イメージ 39月に入って再開したものの、
雨だったり暑すぎたりで
全然はかどらない。

特に湿度で
ムシムシしてる中、
汗垂らしながらなんて
やりたくない。

もっとも、自分の作る服が、
仕上がり重視で、
厚めで重いせいもある。

とにかく、湿度は嫌いだ。























イメージ 4アメリカン・コミックスの
表紙のような。

銃とか使って
カッコ付けたいのもだが、
ここは都庁前。
そういう物騒な機材は、
昨今の
テロ警戒ブームの中では
少々不味い。

まだ汐留のほうが
大丈夫かもしれない。

黒の目出し帽と
マルイのカラシニコフだと
どこでもダメだが。




















イメージ 5休日は、たまに歩いてくる
観光客くらいしか
人通りが無い。

それでも後ろに写り込むのは
鬱陶しい。

通行人を入れずに
建物だけにすればいい。

フィルム撮りで
無駄撃ち出来ない時は
それに限る。
























イメージ 6都庁前は簡単に絵になる。
しかも公道上なので
たまに回ってくる警備員も
割と教育されてるのか
ケチを付けない。
当然あちこちに目立たぬ様に
監視カメラがある。

非常に安全である。

ただ、
あまり羽目を外して
騒ぐ、踊る、塞ぐとかしたら
逆に排除の対象となる。

そこの勘所がつかめない人は
外で、街中でやらないほうが
良いだろう。

未だに夏が続いている。
暑苦しいヤカラのように
未練がましい。
とっとと消え去れ。

秋こそ人間の季節だ。












転居の為当分の間ブログを休止します。
再開は、暮らしが落ち着く10月末辺りになる予定ではあります。

やっと糞スラムから抜け出せる。
行く先は1ルームながらマンション最上階角部屋だ。と言っても3Fだが。

身辺整理をしつつ、物に振り回される生活は下らんものだと痛感する。
珍しい、カッコイイ、何かに使える、とりあえず予備にと買い込んだものが、全部ゴミ。
仕舞い込んで存在を忘れ、片付けのときに再発見する物は、
それが無くても暮らしが回っていたわけで要らない物なのだ。

どこにやったかな、捨てちゃったかな、惜しい事したなという物のみ出て来たら、取って置いて良かろう。
捨てたら二度と金では買えないものが困る。
例えば秋葉原の歩行者天国がカオスだった頃、そこの駅前で配布されてた無料雑誌だ。
国会図書館にも無いかも知れぬ。
だが、そういう風に考えると何一つ減らせなくなる。
また、物に振り回される暮らしが続く。
物は使ってナンボだ。

少数精鋭で行こう。
とにかく、直感で判断して捨てよう。

この直感と言う奴は意外と理屈より的を射ている事が多いのだ。

それでは暫くの間、お休みします

土師祭の前にたまたま涼しい日があったので撮影再開
2016.8.28 新宿駅前
イメージ 1
30℃行かなければ何とかなるが、9月に入ってから秋雨で湿度が物凄く高い。
夏の名残などさっさと失せれば良い。夏など嫌いだ。
イメージ 2
湿度が高くいつ雨が降るか分からないと撮影で外に出れない。
曇りなら曇りで1日安定して曇ってないと。
9月はいきなりにわかに大雨が降るので困る。
イメージ 3ココは昔の面影が全く無い。

20年位前は小山のような
台地があり
上は古ぼけた飲食店で、
麓には公衆便所があった。

そういう煤けた感じの場所は
ドンドン清潔にされて行くので
見るなり撮るなりするのは
今のうちだ。

国際運動会のせいで
加速が付くだろうから。























イメージ 4安物以前に
合皮のブーツは使わずに
仕舞って置くと何もしなくても
壊れる。

エナメル黒ニーハイの踵が
もげそうなので廃棄して
予備として2年くらい前に
買っておいたのを
引っ張り出したら
底が剥がれ掛けていて
表皮も剥がれそうに
浮いていた。

底は接着剤で何とかなり、
2、3回は
使えるだろうと思ったが
駄目だった。
チョッと当たっただけで
破れて来た。
いつも使ってる方が逆に持つ
















イメージ 5新宿は
場所にもよるのだろうが
何とか撮れるものだ。

一番他と違うのは
矢鱈と写真を
せがんでくる者が居ない事だ
皆、黙殺して通過だ。

ほっといてくれるので
有り難い。


























イメージ 6雑然とした場所なので
小奇麗なポートレート風に
撮れる場所は極めて少ない。

綺麗さよりも
雑然としてこそ新宿なのだ。































イメージ 7新宿のゴミゴミした感じで
色々試すのも良いが、
まだ蒸し暑いので
意欲が削がれる。

チョッと動いて
汗がじわっと来ては
不快極まりない。

ただ、湿度のせいで
指がささくれ
ひび割れ無いのだけが
助かる。
























次も作っている。
イメージ 8
こういう素材なので完成する頃には丁度良い季節になってるだろう。
製作途中を公開しておかないと、自作の証拠にならない。
どっかから探したか、金を積んで特注したかと思われるの癪だ。

大抵の人は服など作れず、作っても単に布切れを縫い合わせるだけが関の山で、
この手の素材でキッチリ作るなど、業者で無いと不可能と思ってるからだ。
手順通り限界まで手抜きせず丁寧にやれば、吊るしより遥かに良い物が出来る。

自分が出来ないから知らないから、嘘だろ信じられない捏造だと言うのは浅学非才のゴミクズだ。
相手しないに限る。

本来は縁を水色バイアステープでくるむ積りだったが、
実際の生地とあわせると、水色よりも金色の方が上品な感じなので変更だ。
イメージ 9
生地が普通のエナメルなら水色でも良かっただろうが、パールカラーにしたので水色では浮きすぎる。
同じメタリックカラーの方が馴染む。
自分用なので自分の好みで好きにするだけである。


2016.9.4 鷲宮神社
自分の写真は撮ったので周りの写真を撮る。
イメージ 1
鳥居近辺は定番なので押さえておこう。
それよりも酒だ。
イメージ 2
やっぱり500じゃ物足りない。750だと味の良い物はガラス瓶で重い。
別のペット瓶に移せば良いのだが手元に無い。
3脚を削れば瓶を2本持てるのだが。
イメージ 3
とりあえず焼きそば\500。
炭水化物と油で酒の緩衝剤、腹に溜まる物を先に食って、この先食い過ぎない予防でもある。
やっぱり串肉は必需だ\600。
イメージ 4
カルビは厚切りであるが筋が固くて懲りているので牛タンだ。
こんな物でも普段が戦時中同然の食生活なので美味である。
マトモな肉など何週間ぶりだろう、安い袋カレーのおまけに入ってる位しか食ってない。
イメージ 5
元から存在する肉屋であるので場所代など掛からないので安く量がある。今年も食う。
イメージ 6
焼き鳥。2本で\200。好みは塩なのだが仕方無い。
イメージ 7
メンチカツ\100。
メンチは店によって味の上下や好みがあるが私的にはこれは当たりだ。
小袋ソースと1対1の麦飯をタッパーに詰めて、ここで買って昼飯にするのも手だ。
外食で麦飯など、それが売りの店で無いと望めないので殆ど外食しないのだ。
イメージ 8
あの兄ちゃんから揚げしか食わない\300。
かなりの量だ。酒と空腹でここ迄入ってしまったが、もう一品食いたい。
イメージ 9
お好み焼き\600。
キャベツが多いので整腸作用もあろう。
ここ迄相当なカロリー摂取だが、結局翌日から1日8時間炎天下の中仕事で一週間歩き回ったせいで、
燃料として消えてしまった。
他にもチキンステーキと言う鳥モモ肉一枚を焼いたものが有ったが\400で、
同等品が日暮里の谷中銀座で\200しないので買う気が失せた。日暮里で買おう。

食って飲んでやる事が無いので写真でも撮る。
イメージ 10
宮崎のツトム君がやらかした頃に比べると、こんな時代になるとは信じられぬ有り難さだ。
一国の首相が国際舞台でゲームキャラのコスプレをするほど、信じられん時代だ。
良いことだ。

日が暮れると屋台のタングステンライトが郷愁を誘う。
デジなら補正で普通の色に出来るが、フィルムだと低い色温度のまま写る。
その色合いが好きなので補正せずタングステン被りのまま仕上げる。
イメージ 11
この赤っぽいのが電球らしくて良いのだ。LED糞食らえ。
イメージ 12
今時は子供を撮るなど事案化する危険な行為だが、祭りならどうという事は無い。
開き直って隙有らばレンズを突っ込んでレリーズするのみ。
イメージ 13
子供は被写体として、うってつけだが頼りすぎるのも安易だ。
構わぬ。ワインを500も飲んで細かい事など、どーでも良くなっている。
イメージ 14
美味しい獲物ほど撃ち落せないが狙いたがるものだ。
店員の隙に銃身で突き落としたろか。
イメージ 15
こういう状況では寅さんが、はまりますなぁ。
イメージ 16
適当に。
イメージ 17
私も鷲宮に着いた当初、冷却材としてカキ氷を食おうと思ったが\300もするのでやめた。
ピーチネクターにホワイトリカーぶち込んでチビチビマッタリやってたら冷めた。
イメージ 18
今年は天気予報が良い方に外れて良かった。
私見としては10月にやって欲しい、9月頭では気温が何とかなっても、まだ湿度が酷いからだ。

飲みたりないので麦酒で〆る。
イメージ 19
屋台とか氷水冷却の店頭販売とかは馬鹿の一つ覚えでスパドラばかり、せいぜい番絞があるくらいだ。
あんな第3まがいのボッタくりなんかに銭出して飲めるかよ、ふざけるな。
国産の通常品でマトモなのはこれ位しかない。10、20円位高くとも出す価値はある。

らき☆すた神輿が来たのでとりあえず撮って置く。
イメージ 20
こういう写真は祭り追っかけの暇な金持ち爺さんに任せる。

次は正月だが、なんでも無い日にいくかもしれない。
気分と財布次第だ。

2016.9.4 鷲宮神社
イメージ 1
やっぱり行くならコミケよりも土師祭だ。
久喜で東武に乗り換えると初乗り料金が掛かるので、東鷲宮から歩いたのがきつかった。
イメージ 2
東京よりは僅かに涼しかったものの湿度は変わらず高く、予報に反して晴れてきた。
折りたたみ傘が日傘として逆に役に立った。
途中にかなり大きなダイソーを確認できたのは収穫だった。
地図では存在してても潰れてる事が良くあるからだ。
イメージ 3
行く度に女装コスプレイヤーが増えている。
残念なのはコスプレイヤー全体に言える事だが、歩き方と姿勢が良くない。
静止画たる写真で撮影の瞬間以外では必要ないからだ。
イメージ 4
分からないくらい美人に女装しても、歩き方一発で分かってしまう。
ハイヒールで綺麗にスタスタ歩ければ言う事は無い。
女性でもハイヒールでスタスタ歩ける人は少なく憧れだからだ。
イメージ 5
せっかく一般の空間で
女装コスプレを堂々と
ここは出来るのだから
女性レイヤーに負けずに
ドンドン撮れば良いものを
もったいない。






























イメージ 6服を作る、モデルをやる、
写真を撮る。
これらは感性と言う事では
共通しているものの
技術的に共通するところが
少ない。
なのでそれぞれ別個の
勉強が要る。

全部ソコソコやれれば
人に頼らず好きにやれる。
ただ、
2階から撮るとか
川向こうから撮るとかは
非常に難しい。






















イメージ 7自分のこだわりと
好みを通そうと思ったら
全部自分でやるしかない。
その結果
全て自分のものになる。

自分で蒔いた種の収穫は
自分のもの。

独り占めは気分が良い。

口先だけの要らん事言いの
因縁付けの文句屋なんかに
ビタ1文やるものか。























イメージ 8それなりに撮ったので
これから屋台で食う事にする

土師祭は写真よりも
屋台の雑な物を食うのが
半ば目的だ。
他には初詣の時に食う位だ。

どうせ次の日からも
2倍の仕事で食った分は
燃えて労働力になる。

粉物と言うか炭水化物は
「働かざるもの食うべからず」

常食してたら
デブこじらせて糖尿になる。


なのでこの先
屋台の写真もあるのだが、
量が多いので
後日に載せる事にする。








↑このページのトップヘ