ノン・ダックレイの写真と動画

コスプレ系女装外出の自撮り写真と動画が主体のブログです。 そういうものが、苦手、嫌いな方はご覧にならないでさい。 不快感を催しても当方は何も手当を致しません。ご了承ください。

2016年11月

先日の写真がイマイチな感じなので組み合わせを変えてやってみた。
2016.11.23 日比谷公園
イメージ 1
銀座に行く途中、銀杏の落ち葉が良い感じだったので寄ってみた。
イメージ 2
落ち葉で黄金の絨毯。
その期間は短いので、
撮れる時に撮っておかねば。

曇りで良かった。
晴れだと光線方向で
角度が制限される。





























イメージ 3このベールは、
以前エナメルで作った物の
型紙を使い、布で作った。

表地はポリエステルツイルで
ペンターの裏地を付けたので
意外と重い。

ここで撮っていると
他の来訪者もこの場所の
良さに気付いたのか
次々と背景にして
記念写真を撮っていく。

後ろに人が居なくなるのを
狙って撮っていたら
かなり時間を食ってしまった。



















銀座
イメージ 4銀座は日曜だけでなく
土曜と祝日も歩行者天国だ。

騒いだり踊ったり歌ったり
すれば別だが、
これぐらいの事で
文句を付ける奴は居ない。

秋葉原だけが異常なのだ。

朱に交われば赤になる。
染まるなら
汚い色より綺麗な色に。
























イメージ 5リンゴマークがあったのに
隠れてしまったので別角度で



































イメージ 6家に帰るまで
右のピンヒールに落ち葉が
串刺しになっているのに
気付かなかった。
見事に5,6枚重なっていた。

マンホールの穴や排水口、
敷石の継ぎ目、
自転車のペダルの隙間とか
ピンヒールは大変だ。
すぐにトップが減って
鉄芯が出て来る。

カツカツ鳴らなくても
滑らかな床の上で
滑る感じがしたら
鉄芯が出ている。

帰ったらすぐに交換だ。


















イメージ 7
銀座ではたまに托鉢僧を見かける。
彼らはカメラマンの餌食にされすぎて、うんざりしてカメラ嫌いになってる者が多い。
日本人はチップや寄付をする習慣が無いからだ。
イメージ 8街中、特にこういうところでは
背景の人払いをするのは
壁を背にしなければ不可能だ

壁が背景なら何処で撮っても
同じなので
ワザワザ銀座とかまで
出向く必要は無い。

逆に
写り込みを生かすしかない。

こういう場所で公然と
背景風景として
撮影している限りに於いて
肖像権は発生しない。

あえて特定の人物を狙って
何らかの意図を持って、
特に叩きや晒しなど
悪意を持って発表するのは
駄目だ。
場合によっては
民事で裁判沙汰となる。
そこを分かってない者が多い

この写真は3脚と
セルフタイマーによるので
完全な偶然なのだ。








イメージ 9これが今の所、最高の一枚だ
何となく花嫁衣裳っぽいのも
良い感じだ。

いつ何処で
奇跡の一枚が撮れるのか
分からないものだ。






























イメージ 10
秋が深まるとドンドン日が短くなる。曇りのせいもあるが16時でもうこんな日暮れだ。
冬至までドンドン日が短くなる。
より早く家を出るか、夜景を生かすかだ。夜景を生かすほうにしようか。
夜だとイルミネーションが映え、ゴチャゴチャザワザワしたものが夜の帳に隠される。
でも寒いのが辛い。




衣装ケースの透明な横腹から透けて見える服が気になったので引っ張り出してみた。
2016.11.13 秋葉原
イメージ 1
上野公園へ行く途中に寄ってみた。
顔馴染みの警部がこの日は警備隊長だったので気楽だ。
夏ごろ腹を割って揉めたお陰で雑談を交わす仲となった。
警官とかテキヤとかコワモテ系の人の方が、堂々と渡り合えば解かり合えることが多い。
一般人の方が何か有れば逃げの一手で、無責任かつ卑怯なので信用出来ぬ。
イメージ 2
ついでの撮影なのでこれ位にしとく。
秋葉原は偏見が強いので、本気で撮るのは喧嘩上等の気合が要る。

なので上野公園へ
イメージ 3
あるのだこういう一角が。
背景の書割としてほんの僅か有れば良いのだ。
イメージ 4
この服は
かなり前に作ったもので、
2作目になる。
当時は
タイトに作る方針だったので
腕が肩から上へ上がりづらい

袖山の高さや身頃の緩みが
ある程度無いとダメなのだ。
独学2作目では仕方無い。

なぜ婦人用上着は
肩にダーツを入れて、
前身頃のアームホールを
大きくするのか
意味が分からず、
その通り作っていた。

それは胸の膨らみを
作るためであって、
板胸体型には不必要なのだ。
今はそういうのは無しで
型紙を作っている。













イメージ 5衣装ケースから出してみて、
出来が今の目から見て
着るに値しない
仕上がりだったら
捨てる積りだった。

これはこれで悪くない。

今作るなら、
パフスリーブを大きくして
しっかりした袖山布を仕込み、
身頃上部の切替線に
金属色の
パイピングを仕込んで
金の飾りはミラープレートで、
ウェストラインより下は
もっと広げ、
もう少し派手にする所だ。
袖もあと少し長いほうが良い。

とは言え全体としては
ソコソコの出来栄えなので
とりあえず取って置く。














イメージ 6作った当初は
ファイブスター物語の
デカダンスタイルの
ファティマスーツを
念頭に置いていたのだが、
今見ると
ガンダムファーストとSEEDの
地球側女子制服を
足して2で割って自分の好みを
少し入れた感じだ。

嫌いでは無いので良しとする。

























イメージ 7デザインにしろ
音楽にしろ文学にしろ
処女作に作家の根本が
全て入っていると言う。

ファイブスター物語の
ファティマ、ニーヴのスーツを
配色は自分好みで作ったのが
自作の始まりだ。

本当に好きなものを
手本に初めて良かったと思う。

そうで無いと作り進むうち、
段々自分の考えるデザインが
嫌になっていくだろうから。

金が無い、疲れて
意欲が湧かぬのなら
休めば良いだけなのだが、
やってることそのものが
嫌いになったら
何も作れなくなる。

今の所は
作りすぎて持て余しているのと
疲れているので
ペースを落として
ゆっくりやっている。

ゆっくり過ぎると
季節がずれて完成しても
すぐ着れないのが
困りものだ。



この前は風邪気味で調子が悪く、ウイッグの仕上げもイマイチだったので再実行。
2016.11.12 築地市場
イメージ 1
いつもの如く築地場外市場の丸武で卵焼きを買って銀座へと言うところなのだが、
知っての通り築地市場の豊洲移転が延期となっている。
少し場内へ行ってみようと思う。
イメージ 2
昼下がりは築地とっては店仕舞の時間だ。
中卸へも時間的に入って構わないのだが、
エナメルブーツで水を弾くとしても、5インチのピンヒールで荒れた中卸の舗装では厄介だ。
それよりも、この日は暖かくあまり歩き回ると服の素材もあって、暑くて汗が出る。それは御免だ。イメージ 3なので、外の荷捌き場と売店群を少しだけ行く事にする。

吉野家1号店
イメージ 4
撤退したのでは無く、営業時間が6~13の築地時間なのである。
この店だけの冷たい飯の牛丼があったり玉葱たっぷりとかの特別品が食えるが、
メニューに無いので口頭で伝える必要がある。

イメージ 5
豊洲移転の際にはワザワザ運搬車に積むと台数と手間が半端無いので、
ここから大量のターレが行列を作って移動する予定だ。

イメージ 6
秤屋の廃材置場。
壊れなくても計量法による定期検査を通らず調整も部品払底等で無理となると廃品だ。

イメージ 7
築地時間なので殆ど売り切れだ。

イメージ 8
この時間だと良いネタは先に食われてしまっているだろう。
とは言え朝5時には平日といえども行列しているので良いネタを食うには根性が要る。
金曜であれば、新橋や銀座で飲み明かして夜明けに、ここで〆て始発で帰るという手もある。

イメージ 9
魚市場では長靴こそが定番だ、物によっては爪先に鉄板が入っている。
DQNじみた夫婦がベビーカーを押してサンダル履きで営業中の中卸に入ってきたのを見たときは驚いた。
馬鹿過ぎる。
ターレに足を轢かれたらとか邪魔になるとか考えられぬほどの愚か者だ。子供の前途が哀れに思える。

イメージ 10
せっかく入った場内なので郵便ポストの上にカメラを乗せて撮る。日なたなので背中が熱い。
これ以上歩き回るなら動かないと凍える位寒くないと暑くて辛い。

来た道を戻りつつ撮る。
イメージ 11
床に落ちたカケラを狙っている。
一級品のネタを食える築地のカモメは贅沢だ。

イメージ 12
築地市場近辺、特に場内のカップ売り自販機は味が良い様な気がする。

イメージ 13
実は私はターレの免許を持っている。
と言っても戦車部隊で取った大型特殊カタピラ限定免許のオマケだ。
この免許では雪上車の様な完全装軌車以外は原付と小特しか乗れ無い。
そもそも機動力に縁の無い私には身分証明書でしかない。
装輪車の免許を取る時に多少安く上がる程度だ。
なので今まで乗った車は60式装甲車と61式と74式戦車だけだ。

銀座へ出る
イメージ 14
現行品レンズではあるが、相変わらずゴーストが出る。
こういう感じに仕上がるので逆に有難い。
イメージ 15今回はウイッグに
ヘアアイロンを当てて
巻き癖を取り、
前髪を梳く感じで切って
軽くした。

また、手袋を65cmに変えて
下着を一枚増やし、寒くない。
日中は少し暑いが、
そうで無いとこの季節は
日が暮れると
とてつもなく寒くなる。

完全に冬になってしまえば、
昼夜問わず寒いので簡単だ。
とにかく
防寒すれば良いのだから。



















丸の内・三菱一号館美術館
イメージ 16このケープは
この角度で撮るのがカッコイイ

この写真だと身長が
せいぜい165cm位に見えるが
5インチ・12.7cmヒールで、
190cmある。
やっぱり
各部の比率の問題だ。



























丸の内・仲通り
イメージ 17こっちの方が、
銀座より街並みが洒落ている

こっちに慣れると
銀座すら
ゴミゴミした街に感じる。

そのゴミゴミが
活気ともいえるので、
一長一短だ。



























イメージ 18
背中はこんな感じ。
大体、
設定通りに出来たとは思う。
ただ、
もう少しサテンのマント部に
フリルの感じが
もっとあればと思う。
ギャザーをいれてフリル風に
なるようにしたのだが、
もっとピッチを
きつくすれば良かった。

それはそれで折り込んで
抑えて縫うところの表地が
フリル上端のせいで
余計に波打ってしまう。

頃合が難しい。



















イメージ 19たまたま、
こういう良い感じに
撮れてしまう事があるので
楽しくなる。

なんとかモデルを見つけて
無理言って説得して
街中でこちら好みの
格好をして貰って
衆人環視の中、
ポーズ取らせて撮るという、
そうそう引き受け手の無い、
商業撮影で無ければ
ほぼ不可能な事が、
全て自前なら
好きな服を着ての
単なる記念撮影
という事になるので簡単だ。

3脚セルフタイマーの
入門者向けカメラで
内蔵フラッシュのみ。

それでソコソコ撮れるので
面白くて辞められない。












それにしてもイメージ 20
この服はカッコイイ。
自分でもこれを上回る
デザインをしなければ。
その為には
少し時間を空けないとならない

まだ影響下にある時点で
絵を描くと
あえて真似するならともかく、
似たようなものになるからだ。

また作るとまた服が増える。
そこが悩みだ。

業者製コスプレ服も含め、
殆ど着ないもの、
作りの悪い物は処分するか
どうするか。

その気になれば改造手直しで
仕上がりをより良くする事も
出来なくは無い。

この手の服は処分した後、
また欲しくなっても
売ってないし
自作るのも非常に手間なのだ









2016.11.11 世田谷 北烏山
イメージ 1
午後には雨が上がり日も差すという事で撮影がてら新宿オカダヤで資材を仕入れようと思ったが、
上がったように見えたが霧のような雨がいつまでも上がらない。
新宿行きは中止、こんな時用の中央高速の下で撮るだけにする。
イメージ 2 
なんか、この服を出すときは、
雨の日だ。
初出しの時もそうだった。

気温的に15℃切らないと
素材的に暑いので
秋で寒い日となると
降り出しそうな日に
なってしまう。

特に裏地の選択を間違えた。
ニューベンヒットより
安くてシワになりにくい
ペンターにしたのだが、
通気性に劣り暑苦しい。
なので冬にしか着れない。
ただ、艶が強いので、
裏地を見せる場合だけには
良い。

それに懲りて今は
艶は無いものの通気性で
速乾性のサップにしている。
サップならデザイン次第で
合皮やエナメルの素材でも
初夏まではどうにか着れる。
艶のあるアクアオウも
通気性等、悪くは無いが、
やはりサップのほうが上だ。







イメージ 3たまには
じっくりスタジオ撮影のように
撮るのも悪くない。
雨のお陰であまり人が来ない

このウイッグを
使うのは2度目だ。
42作目の
エナメルフリルのワンピースに
合わせた時には
前日に大急ぎでカットしたので前髪がイマイチだった。
そこで前髪を思いっきり
ザクザクやった。
荒くやってしまったが、
これはこれでいい感じだ。





















イメージ 4服に細かい水滴が付いてるが
写真では殆ど分からない。
ツヤテカの感じが
水滴で変にならないか
心配だった。

素材的に
雨衣にもなるのだが、
合皮やエナメルは水を弾くが
加水分解で劣化するので、
持ちを考えるなら
水や湿気はダメなのだ。

雨衣をこういう生地で作るなら
短期使用と割り切って
裏地無しでもっと
簡単なつくりにする。

普段は大げさで
凝ったものを作ってるので
やるとしたら楽なものだ。
















イメージ 5背景に人が居ないので
写り込みの配置を
気にする必要が無く、
集中できる。

街中は街中で
その写り込む偶然性が
美味しいのだが、
3脚とセルフタイマーなので
運否天賦だ。
それよりも街中で
堂々としている事に
意味がある。

こう壁とかに接すると
服がホコリ等で
汚れる事が多い。
こういう生地なら
後で拭き取れば良いので
大丈夫だ。

コスプレ撮影会で
床に座ったり寝たりして
撮る人が居るが、
服の汚れはどうするのかと
思ってしまう。
素材、構造的に
そうそうクリーニング
出来る訳では無いだろうに。

そこで私は
全て手洗い可能な生地で
作っている。




イメージ 6座ったのも撮ろう。

ベンチが無く、
こんな色の所しかなかった。

私としては逆の色相で
コントラストを付けたいが
仕方無い。

これはこれで
色の統一なので良い。


























たまらん人にはたまらん写真
イメージ 7
レモンイエローの
エナメルニーハイブーツを
探していてるうち、
たまたま見つかったので
ライトスカイブルーも
珍しいので買ってしまった。

中国製で\1万し無かったが、
なかなか出来が良い。
一応、歩行用なので
コスプレ用のように
すぐには壊れなさそうだ。

だが歩き易さは
プリーザーに敵わない。
出来は良いものの、
靴底の剛性感が甘く、
微妙にフニャついている。

履いたばかりなので
慣れの問題かもしれない。















もう一つサービス
イメージ 8
たまたま今はこの色で作ってるようなので、そのうち別の色でも作る可能性が有る。
この形と履けるサイズでレモンイエローとかライラックパープルとか欲しい。
さすがにブーツと言うか靴までは自作できん。靴は靴で別の技術が要るのだ。
そこまでやるなら専門学校行ったり徒弟修業が必要だろう。
イメージ 9
実はこんな場所を
突っ切っている
高速道の下である。

































イメージ 10背中は通気性のために
布で切り替えている。

布とエナメルでは
風合いの違いで
色が合わせるのが難しい。

この服では合ったが、
無理なときは反対色等で
コントラストを生かす方向で
作る。

こう見ると
我ながら肩幅が狭い。
42cmあるが
身長が178cmなので
相対的に狭くなる。

男モードだと威圧が効かず
舐められるが、

こういうときには実に有り難い

後ろからだと
たまに間違える人がいるのが面白い。











もう1つ袖を通して無い服が有ったので、やっぱり銀座で。
2016.11.6 銀座
イメージ 1
夏物として薄めの生地で作ったものの、まだ暖かいので何とか間に合った。
イメージ 2
正確な発色を期すべく順光で

夏仕立てと言っても、
ぺラ薄で
安っぽくなるのを防ぐ為に、
芯地を要所に貼って
裏地をつけてあるので、
夏に着るとかなり暑いだろう。
それも見越して
毎回洗濯の積りで
手洗い可能の生地だ。

























イメージ 3
このデザインでもまだ素人は「セーラームーン」とほざきやがる。
まぁ余程の濃い者で無ければ叩き台になったデザインは分からぬだろうな。
スーパーカーなら「フェラーリ」、蒸気機関車なら「デゴイチ」程度の認識と理解して諦めるしか無い。
イメージ 4
下着を増やしたり、移動中は
外套を着たりすれば、
冬場でも着れそうだが、
冬は冬で
合皮やエナメルで作った
冬向きの方を着たい。

余程動き回るとか、
行先が屋内で
暖房が効いてるとかで、
薄めの服でも使い道はある。

それよりも
着たくなったら着るだけだ。






















日本橋近辺
イメージ 5とりあえず銀座で撮ったので
日本橋へ行ってみる。

今回は衝動買いして
死蔵していたライムグリーンの
ブーツを履いてみた。

この色だと私の手持ちでは、
あまり合う服が無い。
今回作ならピッタリだ。

逆に合わさず、
ブーツの色を主張するように、
対立色の服で
合わせるという手も有るが、
私にとっては
緑とか青の靴というのは
なんか難しい。

それにしてもこの
ゴーゴーブーツの宿命で、
コバが突き出ているので
靴の横に
黒いスレ汚れがすぐに付く。
エナメルクリーナーで
取れなくは無いが、
とんでもなく時間が掛かる。

結局右爪先に付いた汚れは
取り切れず諦めた。







イメージ 6日本橋の懸案である
上を通る高速道路。
撤去して川の下に
地下道路として通す
計画があるらしい。

景観として真に鬱陶しいが、
背景の建物が
そんなに魅力的では無いので
これはこれで背景になる。

従来のものを
便利と発展のために
新しいものが
無神経に蹂躙する。
近未来SF的な風景だ。
ある意味貴重だ。

今後はこういう
歴史的のある場所風景を
ぶち壊すような開発が
行われる事が稀だからだ。






↑このページのトップヘ