ノン・ダックレイの写真と動画

コスプレ系女装外出の自撮り写真と動画が主体のブログです。 そういうものが、苦手、嫌いな方はご覧にならないでさい。 不快感を催しても当方は何も手当を致しません。ご了承ください。

2017年04月

ネタ的に旬は過ぎてしまったが、やはり飛鳥山には行きたいという事で行ってきた。
2017.4.16 飛鳥山
イメージ 1
ソメイヨシノは五分咲きというか五分散りといったところだ。
私の好みは豪快で派手な八重桜なのだが東京の櫻名所では少ない。
イメージ 2
やはり食い物は必須。\300も掛かってない。
イメージ 3
\800程度でモーゼルワインがあった。
ラインよりも切れがあるのでモーゼルのほうが好きなのだが、
リープフラウミルヒを始めとしてラインのほうが良く置いてあるのでモーゼルは買いにくい。
このワインは可もなく不可も無く。猫モーゼルよりも安いので、まぁこんなものか。

飲み食いしたところで撮る。
イメージ 4
櫻がこんな状況なので、花見でなく、公園に弁当を食いに来た様なものだ。イメージ 5

この日は軽く
20℃は超えていたと思う。

暑いので夏服にした。

この時期で20℃超えは
かなり暑いので、
エナメルやレザー系の服を
着る気が失せる。



























イメージ 6色々と足掻いた結果、
2件ほど面接の通知が来た。

今までの仕事と違い、
好きな方向の仕事なので
助かる。

自由時間が減るものの、
少し実入りが増える。




























イメージ 72度とブラック企業とは
係わり合いになりたく無いので
募集や求人票から
それを見抜くかを研究した。

ハローワークに
年がら年中求人が出てるとか
求人のたびに
従業員数の変化が大きいとか
5人10人単位で
従業員数を書いてるとか
未経験でも高給可能とか
ノリの良い若い社員の
写真を使ってるとか色々と。

幹部候補、学歴資格不問、
未経験可、
面接1回その場で決定。
20代で月収50万円可。
アットホームで
フレンドリーな職場です。
若さで翔けろ!

こういう感じの
求人出してる会社は
非常に危険だ。











イメージ 8余程の資格や
能力が無ければ、20代の
新入りが月50万、
年収で600万なんて
取れる訳は無いのだが、
若いと、ついそんな事も
あるかもしれないと騙される。

稀にブラック労働を
ものともせず本当に
稼いでしまう奴が居るので
嘘ついてないからタチが悪い

若人よ職歴を汚す無かれ。

普通運転免許と
大卒の資格があれば、
20代なら能力次第で
どこでも行ける。

そういう環境に
身を置きたかったよ。

とはいえバブル崩壊直後の
氷河期では、以前なら
名前さえ書ければ入れる
自衛隊2士に、
6大学ほどではないが
ソコソコの大卒が
応募してたくらいだからなぁ。

景気のせいで歩む道を
曲げられると言うのも
酷い話だ。




先週ではあるが、まだ櫻が残ってると思い、行ってきた。
2017.4.14 井の頭公園
イメージ 1
五分咲きと言うか五分散りというところだ。
飲食物は欠かせない。
イメージ 2
野菜を入れると、繊維質が緩衝剤となり悪酔いしないで済む。
イメージ 3
相変わらずのワカメ飯。散らし寿司の元を絡めるよりも安くて美味いので、こちらで良い。
食うだけ食い、飲んだので撮る事にする。
イメージ 4
久しぶりに着たくなり、折角なのでちゃんとアウクソーしてみた。
イメージ 5
なんか櫻が
チグハグな感じだが、
これはこれで良い。

































イメージ 6
対岸へ回ってみる

ここから遊歩道が
しばらく上下に分かれる。

































イメージ 7上側へ回って峠のベンチで。

こう撮ると、
どこかのダム湖のようだが、
井の頭公園の池だ。
































イメージ 8撮りようで、
どうにでもなるものだ。



































イメージ 9人の居ない隙に撮れば、
良い感じに決まる。



































イメージ 10
シャッター係がいるのならそう難しくは無いのだが、10秒後の世界に賭けるセルフタイマーでは運否天賦だ。

ここが神田川の水源地。
イメージ 11
ここから流れ出し隅田川に合流する。
本来なら右の黒い所からの湧き水が水源なのだが、現在はポンプでくみ上げて水源が如く流している。



先週は満開と言うので花見に行ってきた。
2017.4.8 上野公園
イメージ 1
予報と違い、なかなか雨が上がらずどうなるかと思ったが、14時ごろにやっと止んで来た。
土曜なので築地は遅くまでと言っても14時ごろまでだがやっている。
先に寄って卵焼きを入手する。
イメージ 2
沢庵ではない本物だ。
これと大根の塩漬けではない本物の蒲鉾があれば長屋の連中が期待していた通りになるのだが、
蒲鉾はどうも生臭くて好かんので無し。
それこそ高級品なら違うのだろうが、さほど興味の無いものに金は出さぬ。
 
他の飲食物はこんな感じだ、\700も掛かっていない。
イメージ 3
とりあえず1対1の麦飯ワカメ混ぜ飯を腹に入れてから卵焼きとカップ酒だ。
先に飲ると味わう間も無く消えてしまうと考えたが、飯2合は多すぎた。
卵焼きの旨味が半減してしまった。

とりあえず全部食ったので撮る。
イメージ 4
曇りなので黒を着る事が出来た。
屋外で着る外出用として、宴会用、コスプレ用として販売されてる市販の物よりも、
着心地や通気性を考えてあるものの、
もう日差しが強くなり、晴れると黒の吸熱は凄まじくて暑く、着れたものではない。
イメージ 5
これで後ろに黒ずくめの戦闘員が1個分隊いたら女幹部だ。

小学生男児が虫取りとか廃墟探検で山で遊んでいると、
悪の組織がダム破壊の下準備をしてるのを目撃してしまう。
山を降りて親や警官に言うも信じてもらえず、目撃された事に気付いた組織の手先が男児を捕まえに来るが、
そこに偶然休暇中のナントカレンジャーの一員が通りかかり、助けて保護し、計画を潰すべく出動。
邪魔が入る前にさっさと破壊しようとスイッチを入れる直前、ナントカレンジャー5人組が現れ戦闘開始。
山の中には違いないが、何故か石切り場での戦闘となる。
戦闘員が全滅し、女幹部は強化人間の巨大化スイッチを入れ、
ナントカレンジャーも巨大ロボを引っ張り出し乗り込む。
ロボットプロレスの後、レンジャーが敵の急所を攻撃して巨大強化人間ば爆散、
女幹部は隠しておいた脱出機で逃走。
逃げ帰った本部で、首領からキツイ大目玉を喰らい、
「おのれナントカレンジャー次ぎこそは目に物見せてくれる!」と悔しがる。
それを影から別の幹部がそろそろ私の出番も近いなと不敵に笑う。
あとはキャラクターや設定を良さげに仕立てて出来上がり。
70年代の特撮はこんな感じだ。
世界征服のために園児通学バスを襲うのも定番だな。

イメージ 6冗談はこれ位にして、
と言っても人生と言うか
世界というものは、
それ自体
大きな冗談とも言える。

今まさに朝鮮戦争が
再開されるかも知れないが
他星人から見たら
そんな手間暇労力尽くすなら
もっと面白おかしい事に使って
遊べば良いのに、
質の悪い冗談だなと。
思うかもしれない。

人生は自分が主役の
一夜の夢、1幕芝居。

醒めるまで終わるまで、
甘く楽しくありたい。

それが出来ないから、
現実と言うのは苦いのだ。














イメージ 7こういう格好で
周りは気圧されしてるのか
「写真、シャシン」と
言って来る者が居ないのが
楽だ。

悪天候のせいで
外人観光客が
少ないせいかも知れぬ。

グーグルで「女装 外出」と
画像検索すれば、少なからず
私の写真が出てくる。
となれば、3脚自撮りした
それらの写真よりも
良く撮れてなければ
撮る意味が無いと
考える事もあろう。

ドキュメンタリー系の奴は
好かん。

生の現実真実とかで
醜い所ばかり、敢えて醜く撮る
傾向が有る。

人の駄目な所を晒して
名声得て出世の銭儲け。

人の不幸は鴨の味。

そういいう自分の薄汚さを
晒せば良いものを。




スキャルピングはイカンとしていたが、やってしまった。
イメージ 8
この2週間で種銭46万で3万強の儲けだ。
実弾だと低レバレッジで50銭の値幅というのはやっぱり辛い。
取れるには取れるのだが2~3日掛かる事も少なくない。
ここの所、賃労働強度が減り、賃金は減ったものの、心身共に余裕が有る。
その余裕が良いのだ。
相場の取引は射撃に似てハングリー精神ではボロ負けする。
マッタリゆったり適度に好い加減。これに尽きる。

賃金労働を幾ら頑張っても一財産築けるわけが無い。
賃金が増えれば支出を増やすよう労働者は刷り込まれているからだ。
資本の蓄積は、頭の緩いヤカラから「頭おかしいんじゃねぇの?」と思われるくらいの実利生活に徹しないと
出来るものではない。1人者なら月10万で暮らせ。
そこまでやる了見が無ければプロレタリアが剰余を蓄積するなど出来やしない。

守銭奴結構、銭ケバ結構。資本主義体制の下、金があれば不幸は片付く。片付かなくとも軽減される。
金が有れば難病治療薬や連帯保証人すら買えるのだ。
家族や人間の愛とかそれを信じて、煮え湯を飲まされた私にはそういう物に期待してない。
綺麗事言う分、その裏に仕込まれている打算の凄まじい卑しさの酷い事よ。

心の慰安。
そのための芸術であろう。


以前に作ったものだが、これも組み合わせを変えられるようにしてある。
2017.4.2 秋葉原
イメージ 1
通り道なので、たまにはとりあえず撮ってみる。イメージ 2
CDが出始めの頃は
石丸3号館の輸入盤が
破格の安さで、
交通費を掛けてまで
買いに来る意味が有ったが、
いまはHMVの通販の方が
値段も品揃えも良く、
石丸自体が無くなってしまい、
3号館は
アニメイトになっている。

アニメグッズは
カレンダー位しか買わぬが、
最安所でのネット通販だ。
ウイッグの色が微妙で
どうしても現物で
買わねばならぬ時位しか
秋葉原で金を使う用事は無い

銀座の様に風通しが良ければ
散策する価値もあろうが、
揚げ足とってネットで晒したり
警察とやり合ってる時に、
こちらが弱者と勝手に
思い込み弱みに付け込む形で
通りすがりに罵声を浴びせる
形だけは人間の鬼畜外道が
少なからず居る。
この街は、
弱みや隙を見せるとすぐに
揚げ足を取られる。

秋葉原で自分を通すのは
喧嘩上等の覚悟が要る。
「空気」に合わせる圧力に
満ちているのだ。

浅草
イメージ 3変な無言の掟にはうんざりだ
他に行き場は有るのだ。

オレンジに舗装して
「オレンジ通り」

服が白を基調としているので
良い引き立て役になる。





























イメージ 4
伝法院通りはあえてそういう風に整備してあるので江戸から戦前の風情がある。
以前の浅草は中途半端に古臭く煤けていたが、より時間が過ぎて古臭さが味わいに変わって来た。
東武浅草駅の安っぽい飾り板を剥がして本来の古い地肌を出す事になったのもその表れだ。
良い事だ。
イメージ 5
面倒なので手抜きする。

カメラの設置位置は同じで、
向きとズームの焦点距離を
変えただけ。

それでも何とかなるものだ。
黙っていれば分からない。

写真とはそういうもんだ。



























イメージ 6正に浅草的記念写真。

少し構図を練れば
撮れるのである。

コロンブスの卵なので、
気付いてしまえば
訳のないことだが、
気付く為には
経験と学習、閃きが要る。

まずは閃きなので、
その為には地道に
試行錯誤で
勉強しつつ撮るしかない。

順光で少し色温度を:現像時に
冷調にすれば簡単に青空が
映える。

ポジなら
CC5BとかLBB4フィルター、
もしくはブルーエンハンサーが
要るところだ。

デジタルの普及で
富士フイルムのシートLB
(色温度補正)フィルターが
生産中止なのは時代だな。








イメージ 7
この時点では
櫻はこの程度だった。

今週満開になったのは良いが
雨になってしまった。
このところの週末は降り易い。

水分の補給であともう1週間、
花が持てば良いが。




























とりあえず花写真をやってみる。
イメージ 8
この分野は玄人はだしの人が多いので抜きん出るのは大変だ。
趣味道楽なら自己流に好きにやってればいいのだ。
写真は、
ああせいこうせいダメバカ言う事で他人の写真をネタにヒネクレタ自己表現したり、
どこかで見た感じ、その気になれば誰にでも、ありきたりの月例調とか
嫉妬丸出しの言い掛かりが鬱陶しい事この上ない。
そういう事で優越感を得ようというヤカラが多すぎる。
素直に「悔しいよーお前なんか大っ嫌いだぁ」と言えば良いものを。

どこかで見たその気になれば誰にでも撮れる月例調の写真を撮って
カメラ誌のコンテストの1次予選くらいは引っ掛かってから因縁をつけて貰いてぇもんだ。

担保も無ぇのに空手形切ってんじゃねぇよ。そういうのを嘘つきと言うのだ。

あともう一着だけ作る。
イメージ 9
以前に日暮里の生地屋で詰め放題\100で不良在庫らしき大量の黄緑と黄色の合皮を、
とりあえずスカートと長手袋にでもしようかと買った。
裁断計画を立ててみると、アウクソーのデカダン・ファティマスーツがもう一着作れる量が有る。
色違いで作ってもどちらかしか着ない事が多いので作っても仕方無いと死蔵していたが、
今回のデザインで丁度上着一着分に当たる。作ってしまおう。

初めてのテーラードカラーでピークドラペルだ。
テーラードカラーは手引書を見ると工程が複雑で無理かもしれないと思っていたが、
よく読むと、セーラーカラーを作る要領の応用で何とかなりそうだ。
綺麗に仕上がるかは判らないが、やってみない事には始まらない。
上着一着だ、前作よりは楽だろう・・・だといいが。


土曜なのでやっと築地の丸武で卵焼きを買えた。ついでに銀座で初出し。
イメージ 1
こちらは立て襟でセミタイトスカート。
これで今回作は全て完成。
イメージ 2ブーツは
白にしようかとも思ったが、
合いそうなので銀にしてみた。

服地がメタリックなので、
いい感じに合った。

市販品であるものの
日常的に履くには、
どういう服が合うのだろう。

合わせるよりも、
あえて浮かせて
目立たせる方向になろう。























イメージ 3
各部を取り替えて
組み合わせられるので、
変化は10種類くらいになる。

10着作ったのと同じ効果だ。
































イメージ 4細かい雨がなかなか
止まないのには困ったが、
光線的には物凄く撮り易い。

和光を背景にすると
順光になり
余計な影に悩まされるのだが
曇天だと
それが無いので有難い。




























イメージ 5セーラータイプに比べ
地味かと思ったが、
これはこれで押しが有る。

生地と配色の力が大きい。

普通に布、それも紺や
灰色一色で作ったら、
かなり地味になると思われる。

地味というより
上品になるかもしれないが、作ってみないと分からない。

今の所その予定は無い。






















イメージ 6
風が良い感じに吹くと、思いも寄らぬ良い絵になる事がある。

裏地の基本は表地と同じか同系色だ。
それでは、つまらない。
こんな感じになったときに効果が出る配色が良いのだ。

ネオンカラーピンクの生地なので、ブラックライトで光るらしい。
紫外線に反応して光る訳なので蛍光灯下で長く作業していると目に痛い。
蛍光灯の元ネタは紫外線なのだ。

いつもの肉屋へ行くついでに、また上野公園へ偵察に行って見た。
上野公園
イメージ 7
まだ大して咲いていない。開花予想は外れ。
日曜はワインぶら提げて行こうかと思ったが止めだ、来週だ。
その頃には満開の盛りを過ぎて桜吹雪が味わえるかもしれない。

1ヶ月デモトレードの結果、大幅なプラスで終わった。
イメージ 8
バーチャルマネーで単なる数字でしかないというのが心理的圧力が掛からず楽なのが大きい。
イメージ 9
実験感覚でやったのが良かったと思う。
ただ、最後にその実験が失敗して大損してしまった。
50銭の値幅を取った後、押し目が来たと思い、もう一度仕掛けたら暫くして逆行しマイナスが発生した。
このまま切らずに値が戻るか実験してみようと放置したら200銭の逆行、流石に損切り。
その後落ち着いて50銭の値幅を取り戻して今月は終了。
50銭で利益確定なら50銭の逆行で損切りだな。

月曜から種銭\1万とは言え実弾を使う。
これまでと同じような気持ちでやらねばならない。

勝たねばと必死になればなるほど泥沼ロスカットであるし、
こんなハシタ金とヌルイ了見でやると当然大負け。
難しいものである。







↑このページのトップヘ