ノン・ダックレイの写真と動画

コスプレ系女装外出の自撮り写真と動画が主体のブログです。 そういうものが、苦手、嫌いな方はご覧にならないでさい。 不快感を催しても当方は何も手当を致しません。ご了承ください。

2018年07月

2018.7.29 片瀬江ノ島
イメージ 1
日曜は若干涼しかったので出掛けた。

江の島
イメージ 2
江の島というか湘南地区は世田谷あたりに比べ3℃は涼しいのだが、
家から駅までの10分間で汗だくになってしまう。
駅についてしまえば冷房の効いた待合室があり、冷房の効いた列車が来る。
そこまで行き着くのが大変なのだ。
イメージ 3
これをまっすぐ行けば島に入れるが、寄り道する。

東浜
イメージ 4
すぐ横が海水浴場なので湘南の夏の海は、どんなものかと行ってみた。
イメージ 5
昔の新聞で湘南の海水浴場を上空から撮り、
どこが浜辺で海か分からないような満員電車風の混雑写真を見たことがあり、
そんなに凄いのかと思っていたのだが、そんなことは無かった。

それにしても、ここに来ている兄ちゃんたちは皆、良い体をしている。
腹筋が板チョコで余計な贅肉の無いのばかりだ。色々と鍛えているのだろう。

イメージ 6
三脚を出すのは面倒なので手持ちで。
なんか一眼を持って行くのが重くて、しんどかったので、今回はコンデジで撮っている。

イメージ 7
以前は相当揉めたのだろう。
そのおかげで逆に秩序が出来上がってしまったようだ。

江の島
イメージ 8
島に入る。
江の島は良い気分転換になる。
イメージ 9
まぁ適当に。
イメージ 10
結構いろんな物がある。
イメージ 11
ここまで来たらあとはずっと支配が階段する。
のだが、趣向を変えて右側に曲がり坂道である下道を行く。
イメージ 12

イメージ 13
途切れ途切れに見える景色が良いのである。
イメージ 14

イメージ 15
田舎の山道の趣があり気持ちが良い。蝉時雨もまた良い感じだ。

イメージ 16
下道から行くと頂上を経由せず奥津宮方面へ行ける。

イメージ 17
この鳥居をくぐり稚児が淵へ降りてみようと思ったが、あのキツイ階段を上下するのがしんどく汗だくになる。
途中で断念し引き返す。
イメージ 18
暑くてまいるので休憩する。
イメージ 19
他の店は窓や戸を開け放ち自然通風にしているのでやめた。
ここはキッチリ冷房が効いてるのでここにした。

イメージ 20
かき氷メロン\300。体の中からも冷やす。この暑さの中では重要な事だ。
酒1合\350、焼き蛤が時価で\350。\700で1杯やれるが、また今度の楽しみにしよう。
イメージ 21
ここの雰囲気がとても良い。

イメージ 22
実にワイルドな状況になっている。

イメージ 23
頂上で1杯やる。
缶飲料はとても良心的で定価の\130、焼酎は以前に用賀のOKストアでお試し品として貰った物。
これでチューハイになる。

イメージ 24
一応全身画も撮っておく。

イメージ 25
撮りつつ下って行く。
イメージ 26
目で見るよりコントラストが付きすぎる。これはこれで面白い。

イメージ 27
こういう階段がたっぷりある。エスカーこと有料エスカレーターは上りのみで下りは無い。
江の島を楽しめるのは足腰がちゃんとしているうちだけだ。

イメージ 28
駅ネコ。
エスカー乗り場を駅と言えればだが。

イメージ 29
この参道を下り切ってしまえば、この日の江の島はお終い。

イメージ 30
〆は、ありきたりに日没前の太陽を。
たんに太陽に向けてデジカメのシャッターをレリーズするだけ。
誰でも出来るが、もしかしたらこうなるかも、と気づいて実行するか否かが大きい。

ドン・ジョバンニについて少し書こうかと思ったが、今日はもう遅いのでここまで。



2018.5.20 銀座
イメージ 1
この服で銀座は初めてだ。

イメージ 2
江の島で着た時と
組み合わせを変えてみた。



































イメージ 3
組み合わせで
ずいぶん変わるものだ。

とてもクールな感じだ。

これは良い。































イメージ 4
こういう
二の腕と太腿をだす着方は
暑いようでいて寒く、
寒いようでいて暑い。
なので暑くも無く寒くも無い
絶妙な時でないと
快適に出来ない。

余程したければ関係無いが、
汗だけはかきたくない。



























イメージ 5
最近は皆慣れて来たようで、このように撮っても撮影者がワラワラやってくることは少なくなった。
外国人観光客は相変わらずだが。
イメージ 6

やっぱりカルチェの横は
良い感じに決まる。

人の流れを読んで上手く
セルフタイマーを入れれば、
理想的に撮れる。






























イメージ 7
少し周囲を焼き込むとメインが浮き立ってきてカッコ良い。
何とかの一つ覚えで、こればかりやると見飽きてしまってつまらなくなる。
たまにやるから良いのだ。
イメージ 8
全く芸の無い素人風ポーズも逆に面白かろうとやってみたら、
とても良く撮れた。
これはA2くらいの印画紙にプリントしてもらうのも良いかもしれない。

2018.5.19 銀座
イメージ 1
モノトーン

それはそうと、以前作ったメイド服風の上着と手持ちのギャルゲーコスのスカートを組み合わせてみた。
イメージ 2
死蔵しておくのは勿体ないし、専用に作ってもまた服が増える。イメージ 3

かなり製作ペース
が落ちているものの、
作れば増える。

まだ構想しているものがある。

殆ど着なくなたっのは
ボチボチ廃棄せねばなるまい




























イメージ 4
やっぱり
エナメルで作ったのが
先に傷んできている。

変色、軟化等で
風合いが
かなり落ちてきている。

残念だがそういう
生地の宿命だ。

ネタっぽく作って、
たまにしか着ないなら
布で作った方が良い。
布だけで。
合皮やエナメルは混ぜずに。




















谷中
イメージ 5
取り敢えず銀座で撮ったので
安い焼き鳥を買うために
谷中商店街へ。

日が良い具合に差してくれた。

逆光は勝利。

人物と風景では
光の使い方は違うのだ。
露出を測る基準もまた違う。


























イメージ 6
デジカメだけで来た奴には
スタデラの光球を手で塞ぎ、
零点規整してから測り、
感度合わせて
回転スケールをくるくる回して
EV読んで絞りと
シャッターをどう
組み合わせるとか
訳が分からんだろう。

デジなら
取り敢えず1つ撮って
調整すればいいのだから。

ホント、楽だ。

苦労して単体メーターで
測って撮ったのに
何か欠けてて
ポジが真っ白真っ黒
だったりしたものだ。

冷蔵庫に何年も
放り込んであるのが
何本かあるから秋辺りに
使ってみるか。

ちゃんと感度があって
色が出れば儲けもの

しかし現像はタダではない。






イメージ 7
ピンクのパイピング等は
蛍光色で
フラッシュの光に含まれる
紫外線に反応して
少し光っている。

なのでブラックライトや
誘蛾灯があると
ネオン管の様に鮮やかに光る

蛍光色がなんか目に
チカチカするのは
光っているからだ。
蛍光灯が光るのと
同じ原理なのだ。

蛍光とメタリックが
合わさったような
パイピングテープもある。
薄い偏光テープが
封入してあり良い具合に
反射し、光るがメートル当たり
2千円以上もする。
送料入れるともっとする。
何が何でもであれば
使うかもしれない。











イメージ 8
折角なのでついでに商店街を撮る。
これを撮ったのは5月半ば過ぎなのだが光は夏だ。

↑このページのトップヘ