ノン・ダックレイの写真と動画

コスプレ系女装外出の自撮り写真と動画が主体のブログです。 そういうものが、苦手、嫌いな方はご覧にならないでさい。 不快感を催しても当方は何も手当を致しません。ご了承ください。

2018年09月

2018.9.23 江の島
今日はと言うか今日も行って来た。
イメージ 1
やはり月1回は行って気分を入れ替えたい。
予報では晴れてるはずだったが、当てが外れた。
曇りは曇りで日に焼かれて暑くならず、写真も光線方向を気にしなくていいので撮り易い。
イメージ 2
いつもはこの鳥居をくぐって島の中央部へと昇るのだが、今回は左の道へ行ってみる。
イメージ 3
安売りの自販機が有った。
江の島は対面販売だと、とても高価いが、自販機は定価なので結果、安いのだ。
これはそれよりも安い。いいものを見つけた。
イメージ 4
こちらの道を行くと普通の住宅街だ。
イメージ 5
下町っぽい感じになってくる。
イメージ 6
魚屋のようだ。
イメージ 7
浜辺の下町という感じだ。
イメージ 8
すぐに行き止まり。
イメージ 9
少し戻って海側に出る事にする。
イメージ 10
この猫はとても愛想が悪い。つついたら威嚇された。
イメージ 11
住人向けなのだろう、至って普通の公園を通り抜ける。
イメージ 12
住宅街を振り返ってみる。
場所はとても良いのだが買い物や通勤がとても不便なので、
江の島に商売がある者以外は余程余裕がなければ住めないだろう。
イメージ 13
ヨットハーバー。何かの大会があったようだ。
イメージ 14
西側には船溜まり。
ここで撮る。
イメージ 15
こういう服はこの場に似合う。
気に入っているので着て行ったのが、たまたま良い具合になった。
イメージ 16
なんかフレアーっぽい。今回は面倒だったので軽くて小さいコンデジ、クールピクスS4000で撮っている。
画素は多いものの、画質は画素数半分の1眼レフ、D50にかなわない。
最新のを買えば違うのだろうが、商売でもないのに無理な投資は出来ない。
イメージ 17
そろそろ日が沈む、日が短くなったものだ。そうだ秋分の日なのだ。
ドンドン日が短くなり秋が深まり冬が来る。
夏などとっとと消え去れ、往生際の悪いことこの上ない。

イメージ 18
湘南港・港湾管理事務所いわゆる江の島ヨットハーバーの建物で休憩する。
それなりに空調が効いていて、何といっても無料で屋内の椅子に座れるというのは江の島では大変に有難い。
おまけに写真中央上部の喫茶店ではホットコーヒー\250という良心価格だ。
味はまだ暑いので飲んでないので分からない。
イメージ 19
外見。
夏場は18時まで、それ以外は17時で閉まってしまう。
カフェだけは18時頃までやってるようだ。

イメージ 20
散歩がてら少し歩いて腰越のスーパーまで行く。ここら辺にはここしかスーパーが無いようなのだ。
イメージ 21
神戸居留地のパインサイダー、何故かこの店で売っている。世田谷あたりて売ってるのを見たことが無い。
随分前に桜上水の路上で轢き潰された空き缶を見て存在しているという事は知っていた。
このシリーズのは以前は1パーセント未満だが果汁が入っていたのだが、
今は無果汁の上合成甘味料が入っているので以前とは味が違うのだろう。
ヨーグルトドリンクは、ここの所、少し胃が痛いので胃薬代わりだ。
割と効く。プラセボ効果もあるのかも知らないが痛みが鈍る。
もっと効くのはキャベツの千切り。よく噛んで食べるのが1番効く。
イメージ 22
日も暮れてすっかり夜。帰る事にする。
胃の調子が悪いと、シラス丼だの焼き蛤だのの誘惑を簡単に退けられるので有難い。

2018.9.15 原宿駅前・神宮橋
イメージ 1
どうしても早く着たかったので着た。
このエナメルワンピースは自作でなく市販品だ。
イメージ 2

こういう服は
原則自作するのだが、
安い上に出来が良さそうで
好みの形だったので買った。

\3000でおつりがくるなら
労力と材料費を考えると
作るより安い。

裏地が付いて無いのは
値段が値段だけに仕方なし。

スカート部の下端も
値段なりに
切ったままだったので
自分で2つ折りしてミシン縫い

他の出来が良い分、
そういう所にコストカットが
来ているようだ。
















イメージ 3
やっぱりフロントジッパーは
使い易い。

着るのも楽だし、
前を少し開けて
変化を付けられるし
温度調節も出来る。

なので自作する時は、
デザイン上
どうしても不可能なとき以外は
フロントジッパーにしている。

























イメージ 4
このエナメルワンピースは夜のマニアパーティーや寝室での遊びに使うものなのだろうが、
こういう風に組み合わせて着ると、デカダンスタイル・ファティマスーツのようだ。
非常に私の好みである。
イメージ 5
代々木公園が良い雰囲気なので撮る。
14時頃まで雨だったので人がとても少ない。土曜と思えぬ。ありがたや。
イメージ 6
やはり木々の緑も段々と秋っぽくなってきている。
まだ夏が悪あがきしているが、諦めてとっとと消え去って欲しいものだ。

新しいのが出来たので着てみたのだが、もう7月も2か月前の話になってしまった。
2018.7.1 江ノ島駅付近
イメージ 1
背中は全部開いていて通気を良くし、ケープで覆い日差しを遮る形にしてある。

何かのお祭りのようだ。
イメージ 2
併用軌道があるお陰で過去へタイムスリップしたみたいな感じだ。
イメージ 3
路面電車的でのどかな雰囲気は癒される。
イメージ 4
こういう情景を見る為だけでも来る価値がある。イメージ 5

たまたま
レア車輛の300形が来た。

これに乗るには
運が良ければすぐ来るが、
大抵は何本か見送って
待つ覚悟がいる。





























イメージ 6
都電の飛鳥山と王子の間も併用軌道だが交通量の多い広い道路の真ん中を通るので情緒は無い。
やっぱり江ノ電はいい。
イメージ 7
端っこまで歩いて腰越駅から江ノ島駅方面を。
イメージ 8
腰越駅
併用軌道の路面電車はここまで。1駅区間のみ。
イメージ 9
海の方へ行ってみようかの。
イメージ 10
程なくしてすぐに海岸沿いの道路だ。
イメージ 11
湘南に単車は良く似合う。
イメージ 12
しかしまぁ本当に塀スレスレを走るもんだ。
イメージ 13
有名過ぎる踏切。鎌倉高校前駅。
ここに写り込んでる人の全てが中国人と言っても過言ではない。
「スラムダンク」の人気は中国で半端ないらしい。
せっかくここまで歩いてきたので撮る。
イメージ 14
風が強くて涼しいのは助かるが、髪や服が望まない形になるのが困りものだ。
イメージ 15
海側へ行ってみる。
イメージ 16
断崖では無く砂浜が有った。
イメージ 17
機能する第5種踏切。勝手踏切ともいう。
イメージ 18
本当は駄目なのだが、江ノ電の場合そんなこと言ってたら地元の人は生活にならない。
この適度な緩さもまた、いいのだ。
イメージ 19
自家専用踏み切り。ロマンがある。
イメージ 20
てくてくと歩いて江ノ島駅方面へ戻る。
イメージ 21
ちょっと1杯やる。
炭酸紅茶は嫌いでは無い。世間的には不人気なので置いてあれば売れ残ってるので入手しやすい。
イメージ 22
ここら辺にはスパーマーケットはここしかないようだ。
定価よりは安いが世田谷あたりと大して変わらない。鎌倉、江の島近辺では物価が高い。家賃も高い。
イメージ 23
小田急より江ノ電の駅の方が賑わっている。
イメージ 24
お祭りという事で料理屋が海鮮串焼を屋台販売していた。
閉めるので在庫処分\500というので買った。自宅で飲みながら食したが予想以上の美味。
また食いたかったが、この日だけの事だったらしい。
イメージ 25
小田急の片瀬江ノ島から快速急行に乗って帰る。
前の方に乗れば余裕で座れる。

同じ服なのでついでに。
2018.7.7銀座
イメージ 26
夏服は季節柄、1回着たら汗まみれになるので着るたびに洗うのだが、
せめてケープだけは乾かした後、アイロンすればよかった。イメージ 27

銀座は銀座で
江の島とまた違った
洒落た場所だが
東京なので湘南よりも
蒸し暑い。































イメージ 28
いくら薄目の生地で涼しくなるよう設計しても今年の夏は焼け石に水。
より一層、夏が嫌いになった。

いまこれを作っている
イメージ 29
これの制作に掛り切りでブログ更新もままならぬ。
仕事が暇なせいで早ければ今週中に仕上がるかもしれない。
仕上がったとて冬服仕立てなので、まだ暑くて着れない。
それにもう1着完成したものの生地の都合でまだ着てない銀エナメルの服もある。

本当にもういいから夏など消し飛んでくれ。

↑このページのトップヘ