ノン・ダックレイの写真と動画

コスプレ系女装外出の自撮り写真と動画が主体のブログです。 そういうものが、苦手、嫌いな方はご覧にならないでさい。 不快感を催しても当方は何も手当を致しません。ご了承ください。

2019年03月

2019.3.6 鎌倉
イメージ 1
どうにも毎日が、うざく感じたので有休を取った。
晴れたら江の島、そうでなければ鎌倉という事にしたので鎌倉。
江の島は晴れでないと美味しくない。
少し降ってきたが、すぐに止んだのでサッサと撮る。
イメージ 2
曇りで日が差さないので黒を着た。もう日が差すと黒では吸熱して暑い季節だ。
イメージ 3
とうとう本降りになった。
撮り始めるころからパラパラして怪しかったのだ。
イメージ 4
銀行というのは利益優先で無機質なものだと思うのだが、
三井は日本橋の本拠地といい中々洒落ている。
イメージ 5
雨となっては乗る人も無い。
イメージ 6
こういう歴史的な所は雨は雨で味がある。
イメージ 7
どうやら止んできた。
イメージ 8
これで良いのだ。なりカタチが気に入らないからと、
シミズオクトを手先に使って差別し排除する浅草寺は宗教家の資格は無い。
ただのヘイト団体だ。
イメージ 9
雨がちの平日でも人通りはある。
休日の雑踏を知ってるとガラガラに見える。
イメージ 10
コスプレしてプリクラ撮れるのが有るらしい。
リア充系の鎌倉にセーラームーンが効いている。
もう今となってはセラムン程度では一般社会に飲み込まれて普通なのだろう。
イメージ 11
ここの煎餅は単純な醤油味ながら美味い。
雨も何とか止んだので由比ガ浜へ行って弁当を使う事にする。
その前に副食等を仕入れる。
イメージ 12
魚主体のスーパー。
イメージ 13
マグロの小間切れ。
イメージ 14
こっちは普通のスーパーではあるが湘南地区は東京並みに物価が高価い。
イメージ 15
ここでは色々諸々を。
このワインは\399税抜きで安売りという事だったので買った。
それなら西友とかと、そう変わらないからだ。
イメージ 19
何の変哲もないコンビニ。
イメージ 20
この店では醤油を。先刻のスーパーでは減塩タイプしかなかったのだ。塩気の調味料に減塩は無いだろう。
塩を気にするならそれ自体減らして使うか、運動して消費すればよいのだ。

由比ガ浜
イメージ 16
やっぱり曇りの日は光が回るのて撮り易い。

飯にする
イメージ 17
持参した麦飯。
逆にこういう物は金があったってそうそう売っておらず簡単には手に入らない。
1対1の割合なので尚更だ。
イメージ 18
これにきっきの刺身を載せて醤油を掛け回し、麦飯海鮮丼になる。
ネタは現地調達で現地丼。
そいつを食いながら一杯やる。
スーパーで買った食い物に加え持参したものも加える。
イメージ 21
柿ピーは偉大だ。これだけあれば大抵の酒が飲める。
イメージ 22
ワンカップをグラス代わりに、ここまで飲った。
残りは帰りに飲みながらと行こう。

あと1枚
イメージ 23
観光地だからとてあちこち行かねばならぬ事も無い。
湘南は空気が良いので適当に行ってだらけるだけでも十分だ。

以前より気になっていた自販機。
イメージ 24
氷点下サイダーの在庫が有るので試す。安いし。
イメージ 25
蓋を開けると液面がシャーベット状になる。ちょうど氷を浮かべたのと同じになる。
キリリと冷えた三ツ矢サイダーは格別だ。
このようにするには家庭では無理とか公式では言うが嘘だ。
冷やし忘れたビールを冷凍庫で早く冷やそうとして、忘れて冷やしすぎるとよくこういう感じになる。
このように理想的になるのは難しく全体がシャーベットになったりするが出来ぬことも無い。
炭酸系は、やり過ぎると庫内で爆発する。
自己責任で。

2019.3.2 銀座
イメージ 1
この日の写真はピントの甘いものばかりで殆ど使い物にならない。
その中でもなんとか見栄えのするものが少しだけあるので載せる。
イメージ 2

出掛ける直前に
急に腰が痛くなったものの、
動かした方が固まるより良いのという事なので
出掛ける事にした。

その痛みのせいで、
カメラの操作に注意が行かず
ピンぼけの量産になったらしい

順光だと絞るだけあり
深度が深くなる分、
ピントが良くなる。























イメージ 3
そういう訳で
今回は3枚しか無い。

この服も部品の組み合わせで
タイプを変えられるよう
作ったなかで、
セーラー服タイプと
ミニスカートで合わせみた。

こういう作りだと、
今の所の好みでは
学生服っぽくするよりは
スーツっぽくした方が決まる。

2019.2.24 片瀬江ノ島駅
イメージ 1
旧駅舎は解体中。今頃は綺麗さっぱり無くなっているだろう。これまでよりも派手な駅舎になるという。
この仮駅舎であるが完成後は駅舎の一部となるようだ。

江の島弁天橋
イメージ 2
いま橋の敷石は貼り替えられつつあり、もうそろそろ終わるらしい。

イメージ 3
自作していると、既成コス服の出来の粗さが良く分かるので最近はあまり着る気が起きない。
それでもこの服は中々の出来なので着る。
残念なことに裏地が安物のせいで、季節が暖かくなると蒸し暑く感じる。

江の島
イメージ 4
丁度、干潮時間だったので砂浜が出現。
確実に体験するには潮見表を見てから出掛けるべし。
イメージ 5
浜辺で一枚。
砂浜ではピンヒールは埋まるのでベタ底で正解。
出先で歩き回る時はヒールが8㎝以下でないとキツイ。
イメージ 6
正面入り口は、いつものことながら盛況だ。
今回はこの先は行かず、江島港の方へ行く。

磯料理の店・きむら
イメージ 7
前回生しらす丼を食べた店だ。
イメージ 8
渋い作りの店内だ落ち着いていて良い。2階もあるのだが上がった事は無いので知らぬ。
イメージ 9
釜揚げしらす丼。
生しらす丼と対になるこちらの方も食べてみたかったのだ。
生しらすが2月は、まだ禁漁中なので丁度良い。
やはりスーパーのしらすとは違う。まろみがあり、ふんわりとした舌ざわりだ。

江の島港
イメージ 10
海辺は風がかなり強い。風で三脚がブレる。
タダ働きしてくれる手下が居れば重量級の三脚も使えるのだが、そういう訳にも行かない。
根性だの気合だの言うなら、言う奴が私の為に気合と根性で運べ。
もちろんノーギャラだ修行だからな。
アリガトウという感謝の言葉さえあれば生きていけるのだろ気合と根性の人は。
イメージ 11
しかしまぁ何をどうしたらこうなるのだろう。
イメージ 12
何かこの先も行けるようだ。もしかしたら稚児が淵まで出られるかもしれない。
イメージ 13
逆光は勝利であり、ドラマ。
イメージ 14
飽くまでも「危険」であり「禁止」ではない。
言う事は言いました、後は自己責任です感が心地良い。
イメージ 15
特撮の撮影現場にいるようだ。
イメージ 16
危険と言われると覗いてみたくなる。
イメージ 17
振り返れば良い感じの岩山。
イメージ 18
この石を伝ってまだ行ける。
イメージ 19
最初は船の重油でも流れて来てこびり付いたのかと思ったが、よく見たら天然の岩海苔であった。
イメージ 20
「山ふたつ」と呼ばれる所の底である。
ここら辺になると釣り人と、もの好きしか来ない。
イメージ 21
この角を曲がると岩屋の入り口なのだが、どうにもここは渡れない。
夏で海パン一丁なら飛び込めばいいのだろうが、そうもいかない。
イメージ 22
右を見るとナントカ探検隊が潜り込んでいきそうな海蝕洞。
この先は、どうにもならないので引き返す。
イメージ 23

せっかく来たので少し戻って
良さげな場所で撮る。


































イメージ 24
良い感じに撮れた。

単なる
ギャルゲーの制服なのだが、
このデザインは
頭抜けていると思う。

当然、気に入っている。
これに関しては服としての
出来も良い方であるし。



























イメージ 25
島の入り口わきの公園まで戻って一杯やる。最近はこれが目的になりつつある。
入り口のそばでじゃがバターを\500で売っているが、観光地という事で舞い上がってると、つい買いそうになる。
江の島なら海産系でないと意味が無いとも思うが一度はカロリーの塩梅を見て食っても良さそうだ。

2019.2.16 銀座
イメージ 1
順光でくっきりと
イメージ 2
セーラー服というものは、
カワイイ系の服なのだが、
こういう風に組み合わせると、
また別の味になる。

































イメージ 3これ位の人出が撮り易い。
イメージ 4
銀座は気楽だ。
難癖付けてくるような程度の低いちょっと足りない奴が居られない雰囲気がある。
下らない所や人とはあまり関わらないようにしなければ。
朱に交われば赤になる。
イメージ 5この横丁がなかなか
洒落ているので、
いつもここで撮ってしまう。


































イメージ 6
ここでは皆、自分の幸せに忙しく、人の足を引っ張り、揚げ足を取るような暇はない。
不幸で無能でうだつの上がらない奴に限って、すれ違いざまに痰を吐くように悪態を吐く。
せっかく自分は駄目で危険なクズですと自己紹介してくれているのだ、
関わってはならぬ。
ロスカットだ。
イメージ 7
世の中には
とあるホテルの女社長の様な
非常に強い個性を
発揮している方もおられる。

その個性にかなわなくとも
大丈夫だと感じたら、
やってしまった方が良い。

地下鉄の駅で、
あのホテルの広告を
見るたびに、
度胸のある人だなと思う。








2019.1.19 銀座
イメージ 1
新作は1度は銀座で着てみないと。
イメージ 2
順光での色合いを見る。




































イメージ 3
この形でこの配色だと
どいつもこいつも
セーラームーンと宣う。

一般世間というものは、
こちらが思う程物事に対して、
詳しくない。






























イメージ 4
そういう事に
詳しくない人間にとっては
キャラクター設定だの
再現度など分かるはずがない

問題になるのは
服としての
出来栄えだけなのである。

街中でキャラコスを着るのは、
変な奴にコケにされるよりも、
ドンキで売ってる様な
宴会衣装レベルの
玩具服で出歩くのが
恥ずかしいと言える。

変な奴は隙の無いまともな
恰好をしていても、
まともなのがダサいキモイと
揚げ足を取ってくるのだ。
忖度して
気兼ねするだけ無意味だ。















イメージ 5
それ故、
最低限吊るしの安背広並みの
出来栄えが要る。

こういう目立つ
デザインであるので
余計に手が抜けない。

自分として限界一杯の力で
作らねばならない。

その為もあり、材料費だけで
\1万弱掛かっている。

それに意匠考案と
労働製作費
を足すと少なくとも
\3.5万はとらないと
売るだけ損になる。

安くしか出そうとしない、
人を舐めた奴の為には作らぬ

安く欲しけりゃ
ドンキで宴会用衣装の
ズダブクロでも
買っていれば良い。










イメージ 6
シッカリ手抜きなく作れば
こういう背景にも合うようになる

人に言わねば分からない
自分しか分からない
失敗はある。

そういうのは
見えない裏側に回すのだ。
服作りの基本だ。















↑このページのトップヘ