2019.11.2 銀座
こちらの動画は少し銀座の街を回ってみている。
それにしても、街灯だけでこれだけちゃんと撮れるなら、写真の立場が無い。
写真は余程気楽に撮りたいか、あえて凝った或いは綺麗な絵が欲しいとか、
そんな時ようになりつつある。
フィルムでの動画は商売でなければとても無理だった画質で、
2万円もしない中古ビデオカメラと300円程度の安売りメモリーカードで撮れてしまう。
再生手段にしても大抵の人がスマートフォン等、何らかの機材を持っている。
もう写真よりも動画の時代だ。
機材の進歩と状況的に動画作成の方に重きが置かれるのは致し方ない

ただ、写真には見るのに時間が掛からないのと、
1枚の絵としての表現手段としての理由がある。
また、撮影の基礎を鍛えるのにも写真はとても良いのだ。