2019.11.10 片瀬海岸
 この前片瀬海岸西浜で簡易鍋がエスビットで調理できることが分かったので、
今度は焼き物をすることにした。
荷物を軽くするため酒と食材は現地調達という事で、
小田急の片瀬江ノ島駅から江ノ電の江の島駅裏のスーパーマーケットへ行く。
藤沢から江ノ電に乗れば当然近いのだが、江ノ電の運賃が220円掛かる。
藤沢で小田急を降りる分安くなっても、それを上回る出費となる。
1分1秒を争うビジネスではないし別にいい。
歩くのは健康に良い。
その往復距離を考えると別に鎌倉でも良さそうだ。
規則は藤沢市と同じで、海水浴シーズン以外の砂浜でコンロ等を使えば良い。
鎌倉は駅から海までの道に鮮魚店やスーパーマーケットが有るので便利だが、
海岸に西浜のような、お誂え向きのコンクリートの台が無いので
座ったり敷いたりする道具が要り、エスビットを載せる燃えない溶けない台が必要だ。
それでも何とか鎌倉でも食いたいものだ。


浜辺で魚を焼くというのは状況的にぴったりだ。
焼き物は店でなければ野外でやるのが良い。
特に魚を自宅で焼くと臭いが台所に数日間こびりつき、漏れた煙で持ち物迄汚れる。
外なら天に帰るだけなので、自然現象の一環だ。
それにしても巻貝は失敗だった、あんなに火の通りが悪いとは。

こういうことをする時は姫袖やフリル袖は危険だ。
汚れもさることながら、引火の危険がある。
例え火がついても目の前には巨大な水たまりがあるので良いのだが、よくない。
なので袖の細い物、半袖、袖無しの方が良い。

そういう意味もあってこの服なのだ。
汚れる可能性も高いので新作は惜しい、だいぶ前に作って着る機会が無く、
エナメルや合皮なら食べこぼしても拭き取れて、
煙の臭いも染みつかず簡単に洗い落とせるという魂胆だ。

火を使うので引火の事を考えれば溶けて張り付く危険のある合成繊維よりも、
本革や綿製品のほうが安全だ。
本革は簡単には火が点かぬし、綿製品はすぐに脱ぎ捨てればいいからだ。
なので陸上自衛隊の旧型戦闘服65式は綿製だったりする。
なので洗濯後はシワだらけ。
その度に娯楽室でスプレー糊吹き付けてアイロンプレスしていたものだ。
戦闘服に糊付けプレスなど馬鹿らしいと思うが、
簡易の制服として、また、軍人の死に装束でもあるので
パリッとせにゃいかんという事なのだ。 

表向き禁止されていたが駐屯地に来る販売業者に耳打ちすれば
ポリエステル100%のノーアイロンのをアンダーテーブルで私物として買えたりもした。
買った。
どこに仕舞ったか、もう捨てたのかもしれない。