ノン・ダックレイの写真と動画

コスプレ系女装外出の自撮り写真と動画が主体のブログです。 そういうものが、苦手、嫌いな方はご覧にならないでさい。 不快感を催しても当方は何も手当を致しません。ご了承ください。

タグ:おもちゃ

今回の撮影で使ったのはトイスターという韓国メーカーのAK47です。
イメージ 1
この形だと北朝鮮のAKMである68式そのものです。
現場では有り合せの部品で修理したり組み立てたりする事もあると思うので、この形のAKMもありです。
最前線の部隊にとって銃は道具であり、純正云々よりも確実に撃てて当たればそれで良いのです。イメージ 2
ネジはこちら側から留められています。これなら撮影の時は主に右側面を見せる事になるので助かります。
その上なるべく目立たないように処理されています。中国製はその点が困ります。
なので少々高くともこちらを選んだ訳です、それでも\5000弱ですが中国製の2倍します。

外見の出来は中々良い。
AKMの特徴であるプレス製レシーバーを良く再現しています。
イメージ 3
元々が日本メーカーの今は無き「LS」のが下敷きなので正確な外観です。
あのプラモのAKMを作った事が有りますが、
銃身の固定が本物通り前から差し込んで横からピンをいれる方法で感動したものです。どうせ接着するのに。
ちゃんとボルトがキャリアーのカム溝と噛み合って回転閉鎖するのにもビックリでした。
まぁ少々削って調整しないと動かないのはいつもの事ですが。
バネ類がピアノ線をよった物だと完璧でしたが、そこまでは無理でした。
知っていれば知っているほど非常に出来の良いプラモでした。

逆にハドソンの\40000もしたAK47のモデルガンの方が玩具臭く感じました。
しかしあちらは金属製で、その質感はそれを補って余りあるものがあります。

ガスチューブが本物通りに外す事が出来ます。実銃だと撃った後の清掃で必要な事なのです。
とはいえカラシニコフは放ったらかしで、たまに掃除する程度で十分なので戦地では人気が有ります。
イメージ 4
リアサイトもきちんと1000m迄の刻みになっています。

クリーニングロッドも外す事が出来ます。
外す時は少々固いので無理すると本体か棒かどちらかを壊しそうなので要注意です。
イメージ 5
別パーツという手間を掛ける事で見栄えがします。
銃剣止めがきちんとあるのでプラモ銃剣を取り付ける事が出来ます。
但し、少々削って擦り合わせが必要なようですが。
イメージ 6
バットプレートにはダミーであるものの工具入れが再現されています。
ここに実銃はメンテナンスキットを入れて置くのです。

しかしお気付きの通りアウターバレル以外殆ど全てモナカ構造のネジ止め貼り合わせです。
イメージ 7
こういう所の仕上げが日本製と違って甘いです、東京マルイならもっときちんと仕上げるでしょう。
それに、ネジとバネ以外金属部品が見当たりません。お陰でとても軽い。
トリガーガードに小指を引っ掛けて楽に持ち運べます。
反面、乱暴に扱うと、どこかすぐに折れそうなのが不安です。
しかし、撮影に使うには運搬と撮影時の取り回しにその「軽さ」が実に有り難い。

再仕上げして上手に塗装すればもっとリアルになるでしょう。
撮影用にはお奨めです。

とはいえちゃんと弾の出るエアガンです。
対象年齢10歳以上の物なので、銃口初速は40m/s程度だそうです。
どれくらい当たるのか撃ってみました。

距離3m位で椅子の背に乗せての依託射撃、付属のBB弾で。
イメージ 8
7、8発撃ってこれ位です。ソコソコ当たるようです。
リアサイトエレベーションは1番後ろ、戦闘照準たる「U」の位置です。
インナーバレルが金属製なのも効いてるようです

室内で空薬莢でも立てて撃ち飛ばして遊ぶには十分でしょう。

撮影用の小道具として拳銃は悪くないのですが、もう少し大きいものが欲しい。
しかし、大きすぎたり重かったりすると運搬に支障を来たす。
ましてや高価い物などとんでもない。

そこで、そこそこリアルで1/1スケールの良さげな物を探しておりました。

その昔、LSやマルイから安価で割りとリアルなプラモデルガンがあったのですが、
絶版でとんでもないプレミアが付いている。特にマルイのは火薬で発火させる事が出来るので尚の事惜しい。

しかし、インターネットで探してみると御誂え向きの代物が見付かるものです。
イメージ 1
中国の「黄河」というメーカーのMP40短機関銃の手動エアガンです。
送料入れて\3000チョイでした。
「ダブルイーグル」という中国メーカーからもMP40が出ていて数百円安いのですが、
コッキングレバーの位置が前過ぎるのとマガジンキャッチがリアルでないのでやめにしました。
イメージ 2
安いだけあってモナカ構造のネジ止めです。
気になるなら分解メンテナンスして使うような値段のものじゃないと割り切って、
ネジ穴をパテ埋めして全塗装し、ついでに省略されている排莢口も再現した方が良いでしょう。
ちなみにスリングは付属品のものです。
イメージ 12
マガジンキャッチはライブです。これは嬉しい。
コッキングレバーを前方へ折りたたむ事が出来ますが、
この形だとMP40と言うよりは先代のMP38と言う感じです。
イメージ 17

フォールディングストックの
展開方法もリアルです。

根元のロックボタンを押して解除し、
後方へストックを回転させます。









イメージ 18残念な事に、バットプレートの
クリックストップが甘く、
逆方向へも動きます。

これではしっかりとした肩付けなど
出来ないので手を加えるか、
ダマシながら使うしかないです。

ここまでリアルなのに詰めが甘いです

でも、安いので許せます。

マルシン製完成品モデルガンの
1/10の値段ですから。

イメージ 19銃身下のレスティングバーは
実物通り別パーツとなっています。

しかしフロントサイトの下は、
実物と違い何故か
スケルトンになっています。

資料の見間違いか、何かの勘違いで
こうなったのでしょうか。

何だかんだで資料に出来る
実銃のMP40くらいなら、
人民解放軍の倉庫の隅に
転がってそうな感じですが・・・・・

イメージ 20銃口は特に
クラウンやライフリングの加工も無く、
普通の玩具銃そのものです。

当然、マズルガードストッパーの
スプリングなど再現されていません。

値段が値段だし。







イメージ 3いくら流行りとは言え、
第二次世界大戦の銃に
ピカティニーレールは頂けない。

これが流行りだしたのは最近の事で、
WWⅡの銃に付いてる訳が無い。









イメージ 4しかし、
接着されている訳ではないので
力を入れ、ひねる様にすれば取れる。

とは言え、組立工の気まぐれで、
ロットによっては
接着されているかも知れない。

そのうちリアサイトの所だけ切り取って再形成するかなぁ・・・・・





イメージ 5しかも一体成形でなく
基部とレールが貼り合わされるだけなので、
高価なアクセサリーは載せない方が良いでしょうというか
この銃に乗せる奴いるのか?

構造は普通のエアガンのマガジンなのですが。
たびたびストッパーが勝手に掛かって
給弾されず空撃ちになる。
イメージ 6





















それ以前に弾が出ても当たりゃしねぇ・・・・
イメージ 7
椅子の背にベンチレストして3m、マルシンKar98kの付属BBを使って5発撃ってこの精度。

信用できない絶望のプラ製インナーバレル。
イメージ 8
アウターバレルは、別パーツになっているバレルナットを回して本体に取り付ける形になっています。
実銃と同じ取り付け方です。これまた妙にリアル。

エアガンの性能としてはジャンク同然ではあるものの、細部の詰めが甘いがそこそこリアル。
何たって軽くて安い。
よほど考証のしっかりした軍コスで無ければ撮影用にもってこいです。

この銃、オマケでスコープ風の物が付いてます。
イメージ 9
弾丸バラマキ機の旧式短機関銃にピカティニーレールとスコープなんて冗談でしかないのですが、
何も知らない目で見ればこれはこれでカッコいい感じです。
イメージ 10
スコープ「風」であって、
覗いて狙える訳ではありません。

向こうが何も見えない・・・・・・・










それならば、レーザーポインターの様な働きをするのか?
イメージ 11

イメージ 13イメージ 14おっ!
光るぞ!!











点滅するぞ・・・点滅するけど・・・・・・・










イメージ 15
これ以上の事が起きるのか?










イメージ 16

光るだけかよ!!

ただのカッコ付けのオモチャでした。

こんなもの載せるために
出鱈目なピカティニーレールなんか付けるなよ・・・




↑このページのトップヘ