ノン・ダックレイの写真と動画

コスプレ系女装外出の自撮り写真と動画が主体のブログです。 そういうものが、苦手、嫌いな方はご覧にならないでさい。 不快感を催しても当方は何も手当を致しません。ご了承ください。

タグ:写真

2019.10.20 鎌倉
 前回の続き動画、鶴岡八幡宮から鎌倉駅である。
       
このサムネイル画像の写真であるが、
実際、光線状態が良ければこれくらい、
ほうれい線も、クマも目立たずいい感じには写る。
全体を少し明るくして彩度を軽く上げた以上は何もしていない。

疲れたので境内にある休憩所で休む
snapshot12
カルピスのリアルゴールド割が怪しそうなので飲んでみる。
snapshot13
見た目は小便のようだが中々美味い。
snapshot8
サービスカット。
ここだけなら完璧なのだが。
snapshot7
とりかわ焼きは鶴岡八幡宮の名物である。
やってない時もあるが、この日はやっていたので買った。500円。
美味いが、かなり味が濃いので酒類と共に食すのが合う。
帰ってからそのつもりで買ったのだが、
自宅で麦飯を炊いて鳥皮焼き丼にして食した。
丼のアタマにしてもとても美味い。
snapshot9
鎌倉に来ると良く寄る煎餅屋。安くて美味い。
snapshot10
150円の半ぬれ煎が売り切れだったので200円の割れ煎にした。
甘味の無い単純な醤油味、焼き方が良く香ばしく、
ポテトチップスのように軽やかに口内で砕ける。
自宅で酒の当てにしようかと買ったが、
帰りに腹が減ったので横須賀線の中で食ってしまった。


これらの写真は動画からの切り出しであるが、機材も随分進歩したものだ。
フィルムだと動画用のレンズは写真用に比べて性能が低く、フォーマットも小さく、
とても写真として見れるものじゃないというのが当たり前だったのだ。
7年前の機種だというのにブログで載せる程度なら静止画で十分な写真にできる。
動画の静止画は写真に比べてかなり甘く、
メモとして以外使い物にならないと思っていたが大したものだ。
であるが故、写真を写真として撮るときは
しっかりと「写真」が欲しいというこだわりを持って撮らねばなるまい。
           

2019.10.13 銀座
9-13 (1)
10.1に江の島で初動画で撮った格好だが、写真でも撮りたく思った。
写真は一枚物なので修正を効かして綺麗に残せる。
9-13 (2)
コスプレイヤーでブログやROM写真集の画像と、
何かのきっかけでネットTVや地上波等の動画に出ると
顔形だけでなく体型までまるで違って
「あんた誰?」
のようなことがある。
私の場合は動画の方と見比べても分かるように、
修正しても目の下のクマと元々浅いほうれい線を消すくらいだ。
照明を工夫すれば、それらを修正無しに消すこともできる。
あまり写真で嘘をつき過ぎると先の展開がしずらくなる。
せいぜい照明方法や露出、撮影角度でも同等に出来る程度にしておかないと。
それらの方法で撮られた写真は最良の状態であるだけで嘘では無いからだ。
9-13 (3)
ウイッグは手持ちの茶色の使いまわし。
スカートはアリエクスプレスで800円くらいで買ったもの。
取り敢えずそれっぽくなので「一応金剛」

この800円のスカート、同じ物がAmazonで何だかんだで1500円くらいする。
その1500円に10パーセントの税金だ
同じと言えるのは以前買った白と作りも生地も一緒だからだ。

アリエクスプレスは送料無料の店が多く、
中華人民共和国からの個人使用のための輸入であれば送料込み800円など
関税課税額にほど遠く、何と消費税も掛からない。
単純に800円で済む。
不良品が来たときは運営を通して「紛争」する必要があり、
返金や交換要求を直截に一歩も引かずに強く主張すれば大抵片付く。
相手は中国人であり欧米人の感覚に近いので
ハッキリものを言わないと逆にこじれる。
誹謗中傷は駄目だが。
色違いが送られて来てもサイズが同じなら使うことはできるので、
上手くいけばタダでせしめることもできる。

どうせこの手のものは中国製なのだから直接中国から買えば良いのだ。
11.11にセールがある。
その時に1ドル100円を切るくらいの円高だと非常に安く買えるのだが。
9-13 (4)
動画よりは写真の方が撮り慣れているのでやり易い。
写真と動画は射撃に例えるなら、
1発を大切にする狙撃と、時間的制圧射撃の機関銃の違いのようなものだ。
のべつ幕なしに、とにかく撃てばいいでは弾の無駄であり戦果も僅かしか上がらない。
ここぞという所で効果的に銃口を動かし少し多めに撃つと上手く行く。

まずは「これ」といったものを見つけて撃つ事が出来なければ何にもならない。
動画を撮る前にそれなりに写真を撮れることが大事だ。
そのせいか写真家が映画を撮るとソコソコいいものを作ることが多いが、
逆は、私が寡聞なのか例が思い浮かばない。

写真から動画へ行くのはコツさえつかめばどうにかなるが、
動画からは写真を勉強し直さないと難しい様である。
9-13 (5)
良い恰好で残すなら写真だ。
動画は動画で生きていた時間を残すことが出来る。

ネットに上げるとデジタルタトゥーと言って一生どころか
人類が滅びぬ限り永遠に残る。
どこかのサーバーの片隅や物好きの手元に断片としても残る。

石材に像や文字を刻まねば残せなかったものが簡単に手軽に残せる。
「残す」ことにかけては、実に有り難い時代だ。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
動画撮影なのだが
コンパクトデジタルカメラのオマケ機能では、とても使いずらい。
カメラを振って別の被写体に向けるとピントが合うまで5秒かかったりする。
機材の性能が低いせいで、やりたいように出来ぬのは誠に腹立たしい。
なので本当の動画撮影機を買った。
_DSC0067
SONYのCX590Vというもので7年前の機種になる。
自撮りに使うから望遠性能はどうでもいいので、広角側が大事だ。
なんとフルサイズ換算で広角は26.8㎜、Amazonの中古販売で14000円強だ。
メルカリとかの個人売買だと10000円位らしいが保証なし返品不可の代物を
売り逃げされてはたまらない。なので返品保障のある方にした。
元は95000円もするものらしい。

試しに1分ほど撮ってみたが、こんなに楽に綺麗に取れて良いのかという感じだ。
コンデジのオマケ機能とは雲泥の差だ。

まだ単にボタン押して撮るまでしか出来ない。
来週までには、どうにか使えるように練習せねばなるまい。

その来週までに予備電池がちゃんと来ればいいのだが。
付属の電池一では心もとない。

2019.9.21 銀座
9-21 (1)
完成したので着る。
奇跡的に最高気温が25℃を切ったのでき着ることが出来た。
それでも少し暑い。
とにかく暑いのは嫌いだもうあきあきだ。
9-21 (2)
本来はこれにシスターベールが加わる。
本体と同じエナメル生地だ。
残念ながらそれが使えるほどまだ涼しくない。
早いところ20℃切って10℃台が普通になれ。
夏はクソ、秋こそ季節、冬は神。春は最後の喜び。
9-21 (3)
こういう素材の服をどんどん着たい。ほんと夏というか暑さは邪魔だ。
9-21 (4)
これ以上足を上げると中身が見えるのでここまで。
要所要所には芯を入れて工業用ミシンでしっかり縫ってある。
ケープ下のマントの端は三ッ巻ラッパで処理してある。
裾野バイアステープの谷になってる凹の部分は、
ちゃんと包んで縫えるように加工してある。
この手の服で売ってるのはそこの加工が手間なので、
表地にテープを縫い付けることで仕上げている。
その方が楽で安上がりだ。
これは自分用で費用対効果度外視の謂わば「作品」なので、
限界まで手間を掛けるのだ。
分からぬ奴には分らぬ。
分からぬような奴は私の客ではないので知ったことでは無い。
9-21 (5)
手袋だの靴だの小物を色々変えて変化を付けたい。
とにかく下着一枚で過ごせるこの熱気が早く消え去るのを願うのみ。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
夏休みの間あまりの暑さにどこにも出かけずユーチューブばかり見ていたら、
私もやりたくなった。
動画を撮るカメラをどうしようかと困っていたら、
いつもカメラを軽くしたいときに持っていくこのコンデジ、_DSC0018
今までまるで興味が無かったので気が付かなかったが、
動画が撮れる。
それなら撮ろうと10月1日に撮ったのだが、まだ編集が終わらない。
編集以前に編集ソフトの練習に手間がとられている。
ソコソコいい感じに上がりそうだ。

自分の自撮りばかり上げるなら静止画のブログが適しているが、
町中に出かける、店で飲食するとかなら、
いっそ動画でやってしまった方が良い様に思える。

フィモーラという動画編集ソフトが安くて使いやすいので買った。
法人使用や企業案件の動画でなければ個人ライセンスでも収益化できるということだ。

この先、完全に動画へ転向するか、
ブログと補完しつつ両立するか舞い戻るか見当つかぬる
取り敢えず、やりたいから
「やる」

今年の梅雨は土日は必ず雨だった為もあり、全く外出していないので全く撮ってない。
その代わり5月に撮って、まだ載せてないのがあるので出す。
2019.5.5 汐留
イメージ 1
この日は結構風が強かった様だ。

イメージ 2
こういう季節感を
感じさせない場所は
逆に使い易いともいえる。

イメージ 3

こういう感じの場所なら、こういう服でも合う感じだ。

イメージ 4
デザイン的には
夏向きなものの、
材質的には向かないので、
着たくとも、これから2ヶ月弱は
この手の素材の服を着る事は厳しい。

サッサと
夏など終わればいい。

イメージ 5
ガラス張りのビルから
上手い具合に反射光が差す。
ほんの数10分間の奇跡。

季節によって
太陽の角度が異なるので
同じような感じには、
ならないだろう。

8月中旬なら
同じ感じになりそうだが、
暑くて湿度も高いので
やってられない。

夏服として使う為に買ったのだが、最初は設定通り着てみる。
2019.7.7 江の島・奥津宮
イメージ 1
デザイン的に見れば海辺より神社が合う。
アリエクスプレスで5000円位で安く買おうと思ったのだが、やっぱり出来も安っぽい。
目の肥えた今では人前に出るには憚られる。
なので出来の良いものをと探すと、コスモンドという所にあったので14000円程で買った。
アリエクスプレスで同じものが無いか探したのは言うまでもない。無かった。
先に書いた5000円位の物は、楽天とかで8000円~10000円で売ってたりする。

裏地は無いが夏服として使うので好都合。
しかしポリエステルツイルなので風合いは良いが、少々厚く重く、そして少々暑い。
それでも隙間だらけの服なので何とかなる感じだ。

コスプレ服は見た目と仕上げ重視で着心地度外視なので仕方ない。
自作するならポリエステルギャバか綿ブロードを使う所だ。
とは言え、手間と材料費を考えたら買った方が安い。

ブーツ上端の飾りは少々小さかったが、この手の既製品では良くあること。
そういうのは自己修正するのが当たり前。
ソコソコ裁縫の腕が無いとちゃんと使う事はかなわない。

イメージ 2
勢いはやや衰えてはいるが、何とか紫陽花の開花中に間に合った。
それにしても江の島の紫陽花は大きい。

イメージ 3
「艦これ」の金剛型の中で榛名が白黒赤の配色で一番整っている。髪が黒ストレートなのも良い。

イメージ 4
裃というのか上着というのか、これが後ろが重いのですぐにズレてくる。
まだ着慣れてないので仕方ないのもある。

この後、稚児が淵に降りて海辺で撮って飯にしようかと思ったが、降りて着いたら雨が強くなる一方。
写真も飯も無しで撤収、帰宅。
予報では曇りで持つはずだったのだが、今年の梅雨時の予報は悪い方に良く外れる。
後日の楽しみにしよう。

↑このページのトップヘ