ノン・ダックレイの写真と動画

コスプレ系女装外出の自撮り写真と動画が主体のブログです。 そういうものが、苦手、嫌いな方はご覧にならないでさい。 不快感を催しても当方は何も手当を致しません。ご了承ください。

タグ:練習用

2017.7.22 銀座
イメージ 1
とりあえず試し撮りのスナップ。

それにしても暑い。
イメージ 2
自分自身がミラージュ、即ち、蜃気楼の幻になって消えてしまいそうなほど暑い。
光の強さや気温は5月下旬と同じなのだが湿度が違うせいで、とても過ごしにくくなる。イメージ 3

ここら辺は
建物の出入り口から
冷気が吹いてくるので
何とかなるものの限界だ。

このミラージュ騎士団制服、
裏地無しの薄い作りなので
夏物としているのだが、
詰襟は暑い。
せめて半分に
折り返せば良かった。

首からの発熱量は
かなりのものがある。






















イメージ 4ここは地下鉄からの冷気が
吹き上がってくるので
少しはマシ。

冷房の効いた鉄道で
移動の方が楽そうだが、
乗車中以外の徒歩移動で
大汗をかく。

自動車は駐車場探しが
一苦労。
銀座では
駐車料金も馬鹿にならない。

特に夏は自転車が楽だ。
その分、冬はきついが。





















イメージ 5熱気と湿度で
すぐにやる気が失せる。
あまり色々やって
撮る気にならない。

4、5種類くらいが限界だ。




今更ながら神田祭の写真である。
2017.5.14 秋葉原
イメージ 1
秋葉原というサブカル的に先端を行く街に伝統行事がやって来る。
イメージ 2
新旧の衝突であり融合。
イメージ 3
それがまた良い活力を生む。
このカオス感が良いのだが、昨今は加藤の事件以来、管理されたカオスとなり、
昔日の勢いは無い。
イメージ 4
戦争体験世代が減り、本当の修羅場をくぐったことの無い者が増え、
どうでも良い事に目くじらを立てる小さい者が増えすぎた。世の中が行き詰っている。
軍隊はおろか自衛隊での兵役経験の無い奴が殆どだ。
部隊が全滅し数人だけ生き残り、命からがら復員したのに比べれば、
釣銭の渡し方が雑だとか、名前と代金の個人情報が流出したとか馬鹿馬鹿しい話だ。
殺るか殺られるかの瀬戸際をくぐりぬけ無いと人間が小さくなる。
我ながら今まで塀の内側に落ちたり路上に叩き出されずに生きて来れたものである。
イメージ 5
やっぱり祭りはもっと荒くなくてはハレとケの切替にならない。
「だんじり」とか「御柱」とか人死にが出てなんぼだ。
祭りと言う神事で死ぬという事は神に選ばれし者であり、ある意味救いとも言える。
死人がでずとも、それ位のヒリヒリする危なさがあってこそ祭りだ。
だが現代の去勢された無責任社会がそれを許さない。何もかもコンプライアンス。
羽目を外せない鬱屈した力が裏に回って凄惨なイジメの横行となる。
何のための祭りなんだか。
 
私は別に何かの行事に乗っからないと、したい事が出来ないというのでは無いので
相変わらずやりたいようにやる。
イメージ 6

イメージ 7
自分のしてる事に
責任を取ればいいのだが、
単に好きな服を着て
街中で写真を撮るだけなのだ

物事を大げさに考えて
萎縮していたらキリが無い。






























イメージ 8さりげなく
振り返った感じに撮ったが
実際は思いっきり
腰を捻っている。

綺麗な形は往々にして
演出されているものなのだ。

自然にそうなったように
見えたら成功だ。



























イメージ 9
裏通り、いわゆるジャンク街の方が今は撮りやすいかもしれない。
以前は沢山のテキヤのアニキが露店を出していて殺伐としてはいるが活気が有ったものだ。
今は一つも無い。
イメージ 10
先入観で恐怖を感じ自己規制してしまいがちだが、
利害関係の無い者に勝手な都合で因縁付けて絡むほうが変人なのだ。即通報の警察沙汰。
お白州の表沙汰になって困るのはヤカラの方なのだから。








この前の5/31は、また上野公園に行きまして、その後に日暮里で生地を買い、
その戻りに知る人ぞ知る物が有るのを思い出してチョッと寄ってみました。
2014.5.31 上野
イメージ 1
この絵だけだと京成か京急の踏み切りのように見えますが・・・
イメージ 2
地下鉄の踏切です。日本で唯一らしいです。
車両基地の設置場所の都合でこんな事になっています。
反対側はこの通り、事務所と車庫です。
イメージ 3
大昔は周りものどかでどうということの無い感じだったのでしょうが、
今となってはここだけいきなり異質なのが紛れてるような印象です。
画像検索するとこの踏切を通過している銀座線の動画もあります。

その日暮里で買った生地で19作目を作っているのですが、
困りました。
イメージ 4
酷使の結果ミシンが壊れかけています。
端処理のジグザグ縫いの針が下に落ちてもまだ横方向に動く。すぐに引っ掛かって仕事にならない。
分解して調べると、どうも針を左右に動かすカムが磨耗して半端な動きをするようです。
仕方ないので少しカムの位相をずらして誤魔化します。
お陰で全体の調整が狂って、ボタンホール縫いの動きが駄目になりました。
直線縫いはカムと関係ないので何とかなるようですが、もはや信用できません。
新品で\1万弱のいいのがあったのでネット購入しましたが1週間位掛かる。
それが来るまで騙しながら使うしかなさそうです。

日暮里で生地購入という用が帰りにあったので、そういうわけで上野公園です。
2014.5.31 上野公園
イメージ 5
もちろん他にも撮っています、それはまた後日に載せます。

コミケでの撮影が今年の撮り収めになりました。
2013.12.30 東京ビッグサイト
コミケということで設定通りの青髪にしました、設定に比べると長すぎますがご了承を。
イメージ 1
前回の夏コミからコスプレエリアが増えたとはいえ相変わらずの混雑です。
多少緩和されたとはいえ、混雑したプラットホームで撮るような状況は変わりません。
イメージ 2
殆どの撮影者が
ピーカン順光で
撮りたがるので日陰は
空いています。

所詮こんな状況では
場所や光線を選べないので
諦めて自棄になっているのか
ポートレートに対する
センスが不足しているのか
分かりません。

























イメージ 3ポートレートは基本的に
「逆光は勝利」です。

その上でレフ板で
反射光を当てるか
顔に露出を合わせて
背景が飛ぶのを良しとするか
或いは
フラッシュによる
デイライトシンクロです。

もっとも何らかの
表現意図が有れば
この限りでは有りません。























イメージ 4こういう光の時は
片目で鼻の頭を見て
顔に光が当たってないか
確認するのですが
うっかりしてました。

ここは横顔を
撮るべきだったです。





























イメージ 5
コミケで撮る、自分の事を撮るという意味ですが、は、「コミケで撮った」という記念碑的なものですね。
本気できっちり撮るならロケで撮るかスタジオで撮るのが主流です。
イメージ 6とは言え
こういう劣悪な撮影環境で
いろいろ手を尽くして
良いものを作ろう
と言う意欲は
大事だと思います。

ただ、群衆の中で
被写体を引き立てて撮るのは
相当な慣れが要るので、
ストリートスナップで
修行するのが一番です。

人をうならせる
ストリートスナップが
撮れる様になれば
ポートレートなど楽なものです
逆はなぜか無理ですが。



















イメージ 7自分にとって
この青いウイッグは
いつも不本意な写りになる
鬼門だったのですが
今回撮ってみてその心配は
無くなった様な感じですが、
あと2、3回は使ってみないと
安心できません。
とりあえず今回は可です。

材質的に柔らかめで
ロングタイプなので
すぐに絡まるのがつらいです

これでもヘアアイロン
かけたのですが・・・・





















イメージ 8もうそろそろ
コスプレ広場終了時刻です。

冬コミだと夕暮れ前の空を
背景に出来るので味が出ます
































イメージ 9
しかし、自分が女装コスプレして、ある意味聖地たるコミケで撮るとは考えても見ませんでした。
人生とは分からぬものです。

ここからはオマケです
イメージ 10
コミケ2日目終了後、とりあえず「萌え尽きる」人達











イメージ 11
国際展示場駅の中まで「萌」仕様です。











イメージ 12ビッグサイトのイベント内容次第で
貼り替えている様ですが











この作業をしながら聴いていたものです。大晦日ということで第9縛りで。
イメージ 13
ドボルザーク第9 ケルテス、ウィーンフィル
マーラー第9 バーンスタイン、アムステルダムコンセルトヘボウ
ブルックナー第9 ジュリーニ、ウィーンフィル

風邪っぴきで日中寝込んでいた頭には、いわゆる名曲のドボ9が耳に優しいです。屈指の名盤でもあります。
しかしそれで頭の中が爽やかになったとてベートーヴェンの第9の気分では有りません。
どうもベートーヴェンの5や9は少年ジャンプの様な世界観が今の所は鬱陶しい感じがします。

自分の夢や希望、趣味嗜好が世の中の本流とぴったり合っている人は、
努力して友情を大切に突き進めば勝利の日が来るのでしょうが、
そうでないに者にとっては努力が徒労ならまだしも、努力すればするほど搾取されて逆に負債になったりします

まぁ信じて頑張る人は頑張れば宜しい。人は人です。

やっばりマーラーの9、生と死の生々しい相克。それで空虚な悲嘆にくれた後は、
ブル9で彼岸の世界に連れて行ってもらいます。

名演のブル9を聴くと頭の中が真っ白に浄化されて、あと何も聴く気が起きません。
聴き納めにもってこいです。

本年の更新は之で終了です。

皆様良いお年を。



現像が上がってきたのでポジの分から載せます。

2013.9.28 都庁前 ニコンF2アイレベル プラナー50/1.4 UV-SL39 RDPⅢ
イメージ 1
FSSの「メガエラ」デカダンスーツバージョンです。
切り返しを銀色パイピングで飾ったので少しプラスチックスタイルの風味が入ってます。

今回の撮影の露出は、露出計のトップを切って出た目のプラス2/3段です。
風景撮影ではとんでもないオーバーなのでしょうが、ポートレートではこれで普通です。

今回のフィルムは期限切れ2ヶ月のものを安く手に入れたせいか若干のマゼンタ被りがありました。
CC5MフィルターとLBA2をかけたような感じでして、ポトレとしては好都合なのですが、
今回は何かイメージではないので抜いてあります。

撮影データ上に同じ
イメージ 2ここ、都庁前は周囲を
ビルで囲まれていて、
光が回るので
レフが無くても
そこそこ綺麗に撮れます。

顔に合わせて
露出を切ると、
どうしても白いところが
飛んでしまいます。

しかし、白い服や靴は
汚れが目立つので
露出オーバーで
飛んでくれた方が
綺麗に見えます。

シワや素材感が
消えてしまうのが
惜しいですが。


















撮影データ上に同じ
イメージ 3
この日は疲れからかずっと頭痛がしてまして、表情に生彩が無いのはご勘弁ください。
撮影データ上に同じ
イメージ 4
これが有効期限内の
プロビアだと、
もっとちゃんとした色が
出るのでしょうが、
36撮り5本セットで
\4500する。

これからベルビア100Fを
常用しようとした矢先、
9月一杯で生産中止ときた
安かったのに・・・・

いつもそうなのだ

音楽をレコードで
本腰を入れて聴き始めたと
思ったらCDに取って
代わられるし、

写真をポジと白黒で本腰を
入れて始めたと思ったら
デジカメに
取って代わられるし。














F2 アイレベル ディスタゴン35/2ZF UV-SL39
イメージ 5これからポジで
ポトレを撮るなら
プロビアしかないのですが安い現像店を使っても
1本撮って何だかんだで
\1500超える。

ネガだと
格安品と現像のみで
1本撮って\600弱
うーん・・・・・・



























で、ネガの分もあるので時間が無いので1枚だけやってみました。

2013.9.29 銀座 
ニコンF2アイレベル ディスタゴン35/2ZF UV-SL39 フジC200
イメージ 6
コニカセンチュリアならネガも良いなと思っていましたが、このC200だと渋くてザラい。
ちょっとなぁ~って感じです。
まぁ銘柄を変えれば良いので、他を試してみます。
ただ、やっぱりネガだと白い部分のディティールが出し易いというのは大きな長所です。

しかし、36撮り1本撮って使えるのが5枚以上有るのなら、ポートレートの歩留まりとしては悪くないです。
心情的にはポジで行きたい所ですが、予算的にネガで行くしかない感じです。

ネガフィルムの許容度の広さは、デジタルから乗り換えるだけの旨味があります。
\40000もあれば高性能スキャナが買えるのでデジカメを買い換えて画質向上を図るより良いかも知れぬ。

まだ多少、試行錯誤が必要なようです。

↑このページのトップヘ